筋トレ

【筋トレ】増量期間に菓子パンは有りか無しか細マッチョが解説

 

  • 増量期なら菓子パンはあり?
  • 菓子パンは脂質多いから増量期でも避けるべき?

 

こんなお悩みが解決できる記事となっています。

 

菓子パンはコンビニやスーパーに行くと自然と目に入り、毎回美味しそうな商品が並んでいます。

特に疲れた時って甘い菓子パンを食べたくなりますよね…
タナケン

 

ですが私も筋トレを始めて栄養面を気にするようになり、ある疑問が浮かびました。

 

「菓子パンは脂質が多すぎるから極力避けるべきでは?」

「カロリー高いけど増量期ならありでは?」

 

今回はその疑問を解決するために、実際に一般的なラーメンの栄養素を調査してみました。

 

この記事で分かること

  • 一般的な菓子パンのカロリー
  • 増量期であれば菓子パンはアリか

 

そもそも筋トレの増量期とは

筋トレの増量期とは

増量期とは「体重と筋肉を一気に増やす期間」を指します。

 

  • 短期間で筋肉を増やせる
  • 筋肉だけでなく脂肪も増やす

短期間で筋肉だけを増やすことは困難なので、脂肪も併せて増やすのが特徴

 

増量期はカロリー摂取が命

増量期はその名の通り、体重を増やすことが大切です。

 

自身の体重を増やすためには「消費カロリー <  摂取カロリー」にすることが必須になります。

消費カロリー > 摂取カロリーでは筋肉は増えない

 

摂取カロリーが消費カロリーよりも少なければ、栄養はすべて消費されて筋肉を増やす栄養素は体内に残っていません。

 

なので増量期はとにかく食べて体内に栄養を送り込むことが大切なので、一部では「食トレ」とも呼ばれています。

 

この食トレが食が細い少食の方には非常につらく、食べるのは嫌になるほど…

 

筋トレよりも食トレが辛いです…
タナケン

 

脂肪は極力つけないよう努力する

増量期は筋肉と一緒に脂肪も増えていきます。

 

しかし、脂肪はのちに減量でそぎ落とす必要があるため極力増やしたくはありません。

 

そのため増量期だからといって、好きなものを何でも食べて良いわけではないのです。

 

脂肪の大きな原因となる脂質はなるべくカットして、炭水化物とタンパク質を中心に取ることが大切。

  • 炭水化物→身体のエネルギー源
  • タンパク質→筋肉の原料

 

増量期を取り入れることで細マッチョに

増量期を取り入れることで細マッチョになった写真

もともと身長179cmで62キロのガリガリ

→増量期を取り入れることで体重は78キロの細マッチョになることができました。

 

筋肉だけをつけるのが理想ですが、脂肪を付けずに筋肉だけを増やすのは困難です。

 

ボディメイクの順序

  1. 増量期を設けて脂肪と筋肉を一気に増やす
  2. 脂肪のみを落とす
  3. 理想の体型に近づく

 

菓子パンの栄養素

では皆さんが一度は食べたことがある菓子パンの栄養素を見ていきましょう。

 

チョコチップメロンパン

  • エネルギー:420kcal
  • タンパク質:8.7g
  • 脂質:15.3g
  • 炭水化物:61.9g

 

うずまきデニッシュ

うずまきデニッシュ

  • エネルギー:465kcal
  • タンパク質:7.6g
  • 脂質:23.4g
  • 炭水化物:56.1g

 

ダブルメロン

ダブルメロン

  • エネルギー:355kcal
  • タンパク質:5.3g
  • 脂質:11.7g
  • 炭水化物:52.2g

 

練乳ミルクフランス(セブンイレブン)

練乳ミルクフランス

  • エネルギー:382kcal
  • タンパク質:6.6g
  • 脂質:21.9g
  • 炭水化物:40.0g

 

ふんわりちぎりパンチョコクリーム(セブンイレブン)

ふんわりちぎりパンチョコクリーム(セブンイレブン)

  • エネルギー:431kcal
  • タンパク質:8.2g
  • 脂質:23.1g
  • 炭水化物:48.5g

 

菓子パンは筋トレ時に必要な栄養素がゼロ

菓子パンは筋トレ時に必要な栄養素がゼロ

上記の菓子パンの栄養素を見ると分かりますが、タンパク質はほぼ含まれていません。

 

菓子パンの特徴

  • タンパク質が少ない
  • 脂質が高い
  • 炭水化物(糖質)が高い
  • ビタミン類はほぼ無し

 

ついついコンビニなどで手が伸びてしまう菓子パンは、筋トレー二ーに関わらず避けるべきです。

 

注意ポイント

菓子パンは極端にいえば「砂糖と油の塊」

カロリーだけが詰まった食べ物です。

 

菓子パンに含まれている油はトランス脂肪酸と言い、健康上でもかなりの悪影響を与えます。

 

世界では規制をする国がいるくらいです
タナケン

 

菓子パンは脂肪は増えるが筋肉が増えない

筋肉を増やすには強度の高いトレーニングと「タンパク質」が必要不可欠。

 

しかし、菓子パンにはタンパク質がほぼ含まれておらず、含まれているのは「砂糖&油」だけ。

砂糖&油のは最も脂肪がつきやすい組み合わせになります。

 

いわば菓子パンは、ただただ太るためだけに食べているようなものです。

 

筋トレをして増量期を設ける目的は、ただ脂肪を付けることではありませんよね。

大切なことは筋肉を増やすことです。

 

 

本当に体重が増えない人は増量に菓子パンはあり

昔の私がそうでしたが、なかには本当に体重が増えない人もいます。

 

「筋トレしても全く身体が大きくならない」

「食べてるつもりなのに体重が増えない」

そういった方はとりあえず菓子パンを取り入れるのはありです
タナケン

 

前提として「摂取カロリー > 消費カロリー」にしなければ身体は大きくなりません。

菓子パンを取り入れて摂取カロリーを大幅に増やすのは一つの方法です。

 

ただし、菓子パンだけは絶対にNGです。

 

菓子パンはあくまでカロリーだけを摂る要因として日々の食事に取り入れましょう。

 

タンパク質やビタミンは筋肉を大きくする上、健康な生活を送るうえで必要不可欠です。

 

菓子パンに頼りたい人はあんぱんを食うべし

菓子パンに頼りたい人はあんぱんを食うべし

「菓子パン=筋トレ時には向かない」とお伝えしましたが、私のように量が食べれない人には頼りになる商品です。

 

ただ、菓子パンは質の悪い油が多い分、積極的に食べたくはありません。

 

そこでおすすめなのが「あんぱん」です。

理由は栄養素のほとんどが糖質で質の悪い油がほぼ含まれていないから。

 

他の菓子パンの多くはトランス脂肪酸が大量に含まれており、摂取は避けた方が良いです。

質の悪い油

  • 植物性油脂
  • チョコ
  • クリーム
  • マーガリン

 

【まとめ】増量期でも基本的に菓子パンは避ける

菓子パンには筋肉に良い栄養素は一切含まれていません。

  • タンパク質…少ない
  • 脂質…非常に多い
  • 炭水化物…非常に多い

 

ただ、本当に少食で体重を増やすのに苦労している人もいます。

そんな人は菓子パンの中でも脂質が含まれていない「あんぱん」を買いましょう。

 

一番大切なのは日々の強度の高いトレーニングとバランスの良い食事です。

 

土台をしっかりと行った上で、あくまでカロリー摂取を目的として菓子パンを取り入れるのが大切です。

 

菓子パンはビタミンが圧倒的に不足している

筋肉をつけるためにはバランスの良い食事が必要不可欠。

 

特に男性で一人暮らしの方「野菜をしっかり毎日食べていますか?」

 

タンパク質と糖質だけを取っていては、健康的に体重は増やせず身体にダメージを与えていることになります。

ビタミンの働き

  • 筋組織に修復を助ける
  • 糖質のエネルギーに変化
  • 抗酸化作用でダメージ軽減

 

しかし、毎日野菜を買ってきてサラダを作るのは非常に面倒です。

 

そんなときに私は重宝しているのが「ごくごく飲める青汁」です。

ごくごく飲める青汁の特徴

  • 溶かす必要がないのですぐ飲める
  • カロリーが0kcal
  • 粉っぽさゼロ!圧倒的飲みやすさ
  • 国産原料100%の大麦若葉で安心

 

私は箱買いして毎日飲んでいます!
タナケン

 

非常に飲みやすく栄養素も豊富なので、栄養不足に陥りがちな男性に非常におすすめです。

 

 

 

 

 

-筋トレ

© 2021 Powered by AFFINGER5