筋トレ

【筋トレ】スポーツジムの会費は最高の自己投資!コスパ最高すぎて沼

 

  • おすすめの自己投資は?
  • ジム通いたいけど高い…
  • ジムに通うか迷う

 

こんなお悩みが解決できる記事となっています。

 

結論。心の底からおすすめしたい自己投資は「筋トレ=ジム会費」です。

そしてジム会費ほどコスパ良い自己投資はなかなかありません。

 

この記事を書いている人

私は大学生時代からジムに通っており、今や社会人5年超え。

これまでのジム会費は9,000円×84ヶ月=756,000円以上です。

 

決して安くありませんが、本当にジムに投資して良かったと思っています。
タナケン

 

この記事で分かること

  • ジム会費は価格を見ると安くはない
  • ジムが最高の自己投資である理由
  • ジム会費を安く抑える方法
  • 会費が高いジムに通うメリット

 

ジム会費が高いか安いかは個人による

ジムに通うか迷っている人の理由として「ジム会費が高い」があるかと思います。

 

特に都心のジム会費は高く、10,000円を超えることもざらです。

例:都内のジム会費

 

1年間で見ると月1万×12ヶ月で12万円もかかる計算になります。

 

正直、都内で高い家賃を払いつつ一人暮らしをされている方にとってはかなりの痛手ですよね…

 

また筋トレにかかるのはジム会費だけでなく、プロテインやBCAAなどのサプリメント代もかかります。

 

私もジム会費+サプリメント代をずっと払い続けてきました。

 

1ヶ月の内訳

  • ジム代:9,000円
  • プロテイン代:5,000円
  • その他(BCAA等):6,000円

 

大学生の方やまだ給料が低い新社会人の方にとってキツイのは確か。

 

が!私は本当にジム会費(筋トレ)に投資して良かったと心の底から思っています。

 

そして様々な自己投資をしてきましたが、その中でも筋トレは最高の自己投資だと実感しました。

 

筋トレが最高の自己投資だと言える理由

筋トレが最高の自己投資だと言える理由

確かにジム会費は価格面だけを見ると安くはありません。

 

それでもコスパ最高の自己投資と言える理由は、筋トレは計り知れないメリットが得られるからです。

 

筋トレのメリット

  • 脂肪燃焼(メタボ対策)
  • 理想の体型になれる
  • モテる
  • テストステロン増
  • 自信がつく
  • 健康になれる
  • メンタルが安定する
  • 睡眠の質があがる

 

筋トレのメリットはこれだけでなく、他にも様々なメリットを享受することができます。

 

ここで改めて聞きます。

上記のメリットが1万円で得られるとしたら高いですか?安いですか?

 

99%以上の方が「安い!!安すぎる!!」と回答すると思います。

 

実際に私はたった1万円で多くのメリットを享受してきました。

 

例を上げるとすれば「ガリガリから細マッチョ」になり、女性にモテて彼女ができました。

>>【実体験】筋トレをするとモテる理由4選!非モテでも彼女ができた件

ガリガリから細マッチョになったビフォーアフター写真

 

 

ジム会費は他の自己投資と比較してもコスパ最高

ジム会費は自己投資の中でもコストパフォーマンスが桁違いに良いです。

 

実際に私はさまざまな自己投資を行ってきました。

  • 筋トレ
  • 読書
  • 資格勉強

 

読書や資格勉強も、もちろん決して無駄ではありません。

 

特に読書は偉人達が一生をかけて経験して学んだ知識が、たった1,500円程度で手に入るチートだと思っています。

 

しかし、役に立つのは読書をして得た知識を実際に行動したときです。

果たして読書をした人のうち、何割が実際に行動に移しているでしょうか…

 

対して筋トレはやった瞬間から効果を得ることができます。

  • やる気ホルモンのテストステロン分泌
  • 幸せホルモンのセロトニン分泌

 

継続しなければジム代はただの無駄使い

ジム代のコスパの良さはハンパないです。

しかし、これはでジムに継続して通えればの話。

 

仮にジム代月1万円を払って、全く通わなければその1万円はただの無駄使いになってしまいます。

 

つまり、ジム会費を活かすのに最も大切なのは続けること。

 

「ジムの会員になってるけど、全然行ってない」

「半年以上行ってないのにジム解約するの忘れている」

こんな人がわりと多くいます。

 

通わないでジム代だけを毎月払うのは本当にもったいないので、とにかく続けることが何より大切です。

 

ジム会費を少しでも抑える方法

ジム会費を少しでも抑える方法

「ジム会費がコスパ最高なのは分かったけど、それでも月1万円は高い…」

という方に向けて、少しでも安く筋トレをする方法をお伝えします。

 

公営のスポーツジムに通う

公営のスポーツジムが近くにある人は利用してみると良いでしょう。

 

例えば新宿区のスポーツセンターは1回400円で利用することが可能です。

  • 週1回利用:月1,600円
  • 週2回利用:月3,200円
  • 週3回利用:月4,800円

 

月1万円のジム会費と比べると、かなり費用を抑えることが可能です。

 

しかし、公営のスポーツジムは特有のデメリットを感じました。

  • 設備が古い
  • 体育館みたいでテンション上がらない
  • 高齢の方が多い

 

一言でいえば、筋トレのモチベーションがかなり湧きにくい空間です。

 

どうしても高齢の方が多く、おしゃべりしに来ている人も一定数いるので「うるさいなぁ…」と感じてしまいました。

 

自宅で筋トレする

筋トレは自宅でもすることができます。

  • 腕立て
  • 腹筋
  • スクワット

 

上記の一般的なトレーニングでは負荷が足りない人には「ダンベル」の購入がおすすめです。

 

ダンベルは一つあるだけでもトレーニングの幅が広がります。

 

  • ダンベルフライ(大胸筋)
  • ダンベルプレス(大胸筋)
  • フレンチプレス(上腕三頭筋)
  • ダンベルキックバック(上腕三頭筋)
  • ハンマーカール(上腕二頭筋)
  • リアレイズ(三頭筋(肩))
  • ショルダープレス(三頭筋(肩))

 

ほかにも様々な筋トレメニューが可能です
タナケン

 

ダンベルを購入する場合は、重さを簡単に変更可能な「可変式ダンベル」がおすすめです。

いちいち重りを外して変えるのは本当に面倒

 

まとめ。ジム会費に投資して最高のメリットを得よう

 

ジムは最高の自己投資です。
タナケン

 

運動するだけ、身体を鍛えるだけで多くのメリットが派生して起こります。

ジムで得られる効果

  • 脂肪燃焼(メタボ対策)
  • 理想の体型になれる
  • モテる
  • テストステロン増
  • 自信がつく
  • 健康になれる
  • メンタルが安定する
  • 睡眠の質があがる

 

 

人生を生きていく上での悩みの大半は、運動をすることで解決すると感じています。

 

ジムは確かに毎月の固定費となってしまいますが、モチベーションが向上します。

  • 綺麗な設備
  • 最新の様々な器具
  • やる気あふれるジム会員の方達

 

ぜひともジムを継続して、今よりも幸福感の高い人生を送りましょう!!

-筋トレ

© 2021 Powered by AFFINGER5