筋トレ

筋トレ時のカフェイン摂取は何分前がベストなのか?細マッチョが解説

 

筋トレ前のカフェイン摂取は何分前がいいの?

 

こんな疑問にお答えします。

 

筋トレ前にブラックコーヒー飲むといい!!

と聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

その話は本当です。

実際に筋トレ時にカフェインを飲むことで、さまざまなメリットを享受できます。

 

しかし、筋トレ前といっても何分前に飲むのが一番いいのでしょうか。

 

今回はそんなお悩みを解決いたします。

 

【結論】筋トレの30分前にコーヒーを飲むのがベスト

筋トレの何分前にコーヒー飲むのがいいの?

 

答えは筋トレ30分前です。

 

理由はコーヒーに含まれるカフェインが体内に吸収されて、効果が出るまで約30分かかるから

 

必要となるカフェイン量はコーヒー一杯

筋トレ30分前に飲むべきコーヒーの量は?

 

答えは「コーヒー一杯」です。

 

必要となるカフェインの摂取量は「100mg~150mg」

 

100mg~120mgはブラックコーヒーを200ml程度飲むことで摂取できます。

 

[st-kaiwa1r]試しに缶コーヒーのカフェイン量を見てみましょう[/st-kaiwa1]

必要となるカフェイン量はコーヒー一杯

 

缶コーヒー100mlに含まれるカフェイン量は60mg

 

  • 100mlで60mgのカフェインが含まれている
  • 200mlで120mgのカフェインが摂取可能

 

意外と必要なカフェイン量は少ないですよね。

 

コンビニで100円のコーヒー一杯飲むだけで全然OKです。

 

筋トレ前にカフェインを摂取すると得られる効果

筋トレ前にカフェインを摂取すると得られる効果

筋トレ前にカフェインを飲むことで得られる効果は大きく3つあります。

 

  1. 筋トレ時の集中力UP
  2. 脂肪燃焼効果が促進
  3. 疲労を感じにくくなり追い込める

 

筋トレ時のパフォーマンスUP

カフェインを摂取することで、交感神経が刺激されます。

交感神経とは

交感神経は自律神経の一種で、集中したり、緊張感が高まったりした時に活発化する神経。

交感神経が高まると、脳や筋肉に集中して栄養が送られるため、運動時のパフォーマンスや思考力が向上すると言われている。

 

カフェインの飲むことで、集中力が高まり、トレーニングのパフォーマンスがUPします。

 

筋トレをしたことある人なら分かると思いますが、やる気と集中力がない日は本当に良いトレーニングができません。

「なんか今日やる気出ないな…」

「もうこれくらいで辞めとくか…」

 

筋トレは単純な作業だからこそ、集中力をもって取り組むことが大切です。

 

カフェインを摂取して集中することで、普段よりも筋肉に負荷がかけられるので筋肥大につながりますね。

 

脂肪燃焼効果が促進

カフェインを摂取すると交感神経が活性化されます。

すると、副腎という臓器から「アドレナリン」が分泌されます。

 

アドレナリンには「脂肪燃焼効果」があり、体内の脂肪がエネルギーとして使われやすい状態になるんです。

 

疲労を感じにくくなり追い込める

カフェインによって脳が覚醒します。

 

すると、眠気や疲労を感じる部分を阻害して眠気や疲労を取り払ってくれるんです。

 

仕事中でも疲れているときや眠いときにコーヒーを飲むという人は多いですよね。

それもカフェインによる眠気や疲労を取り払う効果を得ることが目的。

 

筋トレ中に疲労を感じづらくさせることで、いつもよりも負荷をかけたトレーニングが可能です。

 

「高負荷=筋肥大」に繋がるので、筋トレ前のカフェインは効果大となります。

 

まとめ。カフェインは30分前に摂取するのがベスト

カフェインは筋トレにさまざまなメリットを与えてくれます。

  1. 筋トレ時の集中力UP
  2. 脂肪燃焼効果が促進
  3. 疲労を感じにくくなり追い込める

 

私も実際にブラックコーヒーを飲んでから、筋トレのパフォーマンスが上がったことを実感しています。

 

 

そして私のおすすめは、「筋トレ30分前にプロテインをブラックコーヒーで作って飲む」ことです。

筋トレ前にプロテインを飲むメリット

  • 体内のアミノ酸濃度を高める
  • 筋トレ中に筋肉が分解されるのを防ぐ

 

プロテインをブラックコーヒーで作って飲むことで、「カフェイン」と「アミノ酸」を一度に取り入れることが可能です。

 

チョコ系のプロテインをコーヒーで作るのがおすすめ!
タナケン

-筋トレ

© 2021 Powered by AFFINGER5