20代の資産運用

20代ボーナスの使い道。迷ったらVTIを買って投資すべき3つの理由

ボーナス…

会社員にとっては年に数回の待ちに待った日ですよね。

  • なんかご褒美ほしいな~
  • 旅行行こうかな~
  • 欲しかった家電買おうかな~
  • とりあえず貯金かな~

前から欲しかったものを手に入れるのは賛成です。しかし!無理して使うくらいなら、貯金に回すのなら

投資してみませんか?

私は全て投資に回す予定です

買うのは「バンガード・トータル・ストックマーケットETF」通称【VTI】です。

今回は20代は【VTI】を買うべき3つの理由をお伝えしていきます。この記事を読んで少しでも行動に移してくれる方がいると嬉しいです。

 

SBI証券で購入可能です↓

SBI証券で口座開設☞

 

そもそもVTIって何?

いきなり「バンガードなんちゃらかんちゃら…」と横文字を並べられても分からない方も多いかと思います。

VTIとはETF「上場投資信託」です。簡単に言うと…

VTIを買うだけで
  • アメリアの企業に投資することができる
  • アメリカの大・中・小型株まで3,600社に分散投資ができる

しかも経費(信託報酬)が年0.04%と格安。

それが【VTI】です。

最近ではテレビCMも放映され、預かり資産が1000億円を突破したウェルスナビもこの【VTI】を買付していますね。

ウェルスナビ口座開設☞

 

理由①米国市場がアツい

これが1番の理由です。

米国市場が右肩上がりでなく、全く値上がりが見込めなければ投資する理由がありません。

下記は米国の株式指標で聞いたことがある人も多いであろう、NYダウの株価推移です。

右肩上がりで値上がりしてるね!

では次に我らが日本の日経株価の推移を見てみましょう。

ほ、ほぼ横ばい!?

上記を見れば明らかだと思いますが、過去200年のデータからしても米国市場が1番伸びているんです。

肝心のVTIも下記のように右肩上がり。

2008年はリーマンショックの影響がガクっと下げてますが、その後の回復スピードが素晴らしいですね。

2008年1月には約68ドルでしたが、2018年5月には約140ドルに達しており、約10年間で2倍以上成長しています。

【VTI】を買ってみたい!という気持ちが少しでも芽生えたのではないでしょうか。

 

理由②米国市場市場の99.5%をカバーできる

冒頭でも触れましたが、【VTI】を買うだけで米国市場の約3,600銘柄に分散投資が可能です。

 

お馴染みの

  • アップル
  • マイクロソフト
  • アマゾン
  • フェイスブック

ももちろん構成銘柄に入っており、占める割合トップ10にも入っています。

 

 

こういった大企業の安定した株から、成長が期待できる小型株まで幅広い銘柄で構成されているのが【VTI】です。

理由③20代は時間がある

20代は他の人と比べて時間があります。

短期的に見ると、リーマンショックのような暴落は起きるかもしれません。しかし、時間があればずっと持ち続けることが可能です。

20年、30年単位で見れば今の価格よりも上昇している可能性は限りなく高いです。

さらに、投資において時間はあればあるほど利益は膨れ上がります。

例えば100万円を利回り5%で投資したとして、40歳と20歳の2名が60歳まで投資したとします。

 

〇40歳の場合(投資期間20年)

100万円→約265万円

利益…165万円

〇20歳の場合(投資期間40年)

100万円→約703万円

利益…600万円

ゆとり
ゆとり
利益が約4倍も違う!?

そう、長い期間運用すればするだけ利益は年々大きくなります。つまり時間が多くある20代は投資をしなきゃもったない!ってことです。

VTIの買い方

肝心のVTIはどこで買えるのか。

それはネット証券です。

ETFを買う際には売買手数料と為替手数料がかかりますが、SBI証券が最安値でありETFや投資信託の取り扱い数もトップクラスのためおすすめです。

手数料
  • 売買手数料…約定額の0.45%(最低5ドル、最大20ドル)
  • 為替手数料…0.25円(住信SBIネット銀行で0.04円)

売買手数料が最低5ドルとなっているため少額購入すると、手数料が占める割合が高くなってしまいます。

100ドル買うと5ドルの手数料がかかる→手数料5%

ゆとり
ゆとり
5%は高いよね…
  • 500ドル購入で1%
  • 1000ドル購入で0.5%

1000ドル購入すると約定代金の0.45%にかなり近づくことができます。

手数料割合をどこまで妥協できるかは各個人次第ですが、0.5%以内に収められるよう10万円以上を買うのを推奨します。ボーナスであれば購入することが可能ですね。

少額投資なら投資信託がおすすめ

10万円もいきなり投資するのは怖い!

という方は数千円、今では100円から購入できる投資信託がおすすめです。

楽天 全米株式インデックスファンドという投資信託を買うと、実質的にこの【VTI】に投資をしていることになります。

私も毎月18,000円積立購入しています。

経費(信託報酬)は年0.1696%とVTIの0.04%に比べると高くなってしまいますが、投資信託の中ではトップクラスの安さです。

VTIより信託報酬は高いですが、売買手数料が無料で100円から積立購入が可能です。

こちらもSBI証券で購入可能なので、口座開設してぜひ少額でも良いので買ってみてください(^^)/

若いうちに投資しておくと数十年後得をしますよっ

SBI証券で口座開設☞

ABOUT ME
ゆとリーマン
ゆとリーマン
20代サラリーマン。新卒でブラック企業に入社後、30万、50万の詐欺商材を買ってしまい、その後ストレスで身体を壊し転職。20代から無理なく始める投資や体験談を書いています。