20代の資産運用

20代から老後のための資産作り、貯金必要?

20代のみなさん、老後の向け貯金していますか?

私は毎月2万円給料は少ないですが、積み立ててます。

国の年金に100%頼るのはダメ

今の時代、よく「少子高齢化」というワードを耳にします。

少子高齢化とは、そのままの意味で子供減り、高齢者が増えるという社会。

そしてこの少子高齢化によって崩壊すると言われているのが年金制度。

日本の年金制度は、自分で若いうちにためたお金を自分がもらうのではなく、若い人が収めたお金が、今の高齢者の人に年金としてわたっています。

そのため、年金の元手をおさめる若い労働者が減り、年金をもらう高齢者がどんどん増えていく。これでは年数が経つほどもらえる年齢がずれたり、もらえる年金が減るのは目に見えています。

特に20代の人の老後はどうなっているのか想像もつきません。

国を信用するなとは言いませんが、国におんぶにだっこで全部任せるのは非常に危険です。現代でさえお年寄りの貧困が話題になっています。20代の私たちが貰える年金は今より減ることはあっても、絶対増えることはないでしょう。

そのためにも若いうちから将来を見据えてプランニングしましょう。

自分の老後資金は自分で作るべき

国などの公的年金に多少期待するのも良いですが、自分の身は自分で守るべきです。

そのためにも、若いうちからコツコツと老後資金を蓄えておくことは非常に大切。

仕事を引退してから、時間があるのにお金がなく家でぼーっとするだけなんて嫌ですよね。。そのためにもまだ先は長いので、少しずつ貯めていきましょう。

全額貯金はダメ!

老後資産のため!といって貯金はおすすめしません。なぜならお金を眠らせているだけで非常のもったいないから。

お金を眠らせているだけでは、むしろ物価は年々上昇していくため今の100円で買えるものも、数十年後100円では買えず、200円になっているかもしれません。

預けているだけでは、実際のお金の価値は目減りしていくのです。

じゃあどうするのか?

資産運用

老後の資産作りのためにはお金を運用しましょう。

例えば投資信託。投資信託とは世界の株や債券が一つのパッケージに入った商品です。世界の経済に満遍なく投資することが簡単にでき、年利数%を見込めます。

もちろん投資ですので、短期間でみると元金割れしたりすることもありますが、数十年という長期間で見ると利益が出る可能性が高いです。

年利数%でも年数が経てばたつほど銀行預金との差はかなりでます。

理由は複利が働くから。複利とは最初に出た利益もそのまま運用するため、最初の利益も年利数%で運用されていきます。そのため、時間が経つほど年利数%で回す元金が大きくなるのです。

仮に年利5%で毎月2万円を35年間運用すると、元本は840万円に対して、2167万円と3倍近い額になります。

20代であれば老後までは35年以上あります。少しでも若い時から少しずつ貯めることが重要です。複利は時間×年利で増えていきます。

年利は高いものを得ようとするとその分元本を割るリスクが高くなります。そのため時間を多くもっている20代は資産運用をするチャンスです。

少額でも良いから少しでも積立投資する

いかに時間があればあるほど投資において有利か分かったと思います。

20代は元本がなくても、時間があります。この時間を使わない手はありません。そのため毎月数万、数千円でも良いので早いうちから始めることが大切です。

実際私も以下の投資信託で毎月2万円積立投資をしています。

試すという意味で4つに分散していますが、1つで世界に分散投資可能で手数料を安い良い商品が今は多く出ているので、ぜひみなさんもチャレンジしてみてください。

ちなみに私は「つみたてNISA」を利用しています。年間40万円まで20年間運用益にかかる税金20.315%が非課税になるお得な制度です。

SBI証券でつみたてNISAの口座開設が可能です。

 

つみたてNISAのメリットとは。毎年40万投資可能で20年利益が非課税2018年1月から「つみたてNISA」が始まりました。 安定して資産を築ける制度ですので、私も毎月3万円投資信託の...

自分の老後資金は自分で作りましょう

投資信託はSBI証券が総合的におすすめです。

SBI証券で口座開設

ABOUT ME
ゆとリーマン
ゆとリーマン
20代サラリーマン。新卒でブラック企業に入社後、30万、50万の詐欺商材を買ってしまい、その後ストレスで身体を壊し転職。20代から無理なく始める投資や体験談を書いています。