仕事の悩み

明日から使える!仕事に慣れない辛い新人時期を乗り越える方法8選。

☑覚えることばかり
☑分からないことばかり
☑社内の人間関係になじめない

新人期間はこんな悩みが多いですよね。仕事人生で一番つまらない時期かもしれません。

新人時代の辛さは誰もが一度は通る道です。

だからといって毎日つらいのは嫌だ!

☑早く仕事に慣れる方法
☑早く社内になじめる方法

これらを知っておくことで、つらい新人時代を少しでも早く抜け出すことが可能です。

私は新卒で会社に入社し1年半で転職。たった2年間で2回の新人時代を過ごしました。

ここでは私の体験談も踏まえながら、いかにして辛い新人時代を乗り越えるのか。についてお伝えしていきます。

出来なくて当たり前。うまくやろうとする必要なし。

あなたはこんなふうに思っていませんか?

  • 仕事を完璧にこなさないといけない
  • ミスがあったらただごとじゃない

ですが、新入社員=仕事はできないが当たり前です。周りの社員の方々も重々分かっています。

ですが、本人は初めての責任ある社会人になったため、「うまくやらないと」「失敗できない」と変に自分の追い込みがち。

もっと肩の力を抜いてリラックスしましょう。最初から100%うまくしようと思う必要なんてありません。

中には先輩のなかに「1回で絶対覚えてね!」「去年の○○さんは1回で覚えたよ!」と他の人を基準に焦らせてくる人達もいますが、その人の教え方が悪いだけです。

ですから変にプレッシャーをかけてくる言葉を言われても、真に受けて焦る必要なんかありません。

もし1回で覚えられなくても「自分って仕事できないんだ…」なんて思わないでください。

まだあなたは社会人になったばかりです。これから長い社会人生活。ちょっとずつちょっとずつ覚えていけばいいんです。

私も入社当初は怒られることが日常でした。新人時代から怒られたり注意されずに仕事できる人なんていると思いますか?

そんな人いません。みんな怒られながら成長していくんです。

「怒られる=悪いこと」という認識を変えてみましょう。新人時代は怒られていいんです。

失敗=悪いことと思わずチャレンジする

失敗=悪いこと、ダメなこと

あなたはそう思っていませんか?もちろん成功した方がいいには決まっています。

しかし、新人の時はまっったく気にすることありません。

新人=失敗が許される

これは新人だけが持った特権です。周りの先輩も失敗するつもりで仕事を任せています。

私自身も新卒時代はほかの人ではありえないミスを連発しました。本来1カ月前にやるべきことを2日前に先輩に言われてやってないことに気づいたのです。

ですが、周りに先輩達が本社の部長クラスまで電話をかけてくれたり、書類作成を手伝ってくれたためなんとか間に合いました。

新人時代は失敗しても周りが全力でサポートしてくれます。

私のいた会社はブラック企業で、周りの人もかなり忙しかった状況でも一丸となって助けれくれました。あなたの先輩達も絶対助けれくれます。

失敗したら終わりだ。と最初は思いがちですが、決してそんなことはありません。

「失敗を恐れて何もしない」これが一番の罪です。

失敗を恐れず、ガンガン電話ととったり、ガンガン質問したり、ガンガン仕事にチャレンジする。

そういった人は必ず力をつけてきます。他の人よりもたくさん経験しているのですから。

怒られることに対してのマイナスイメージを捨てる

毎日怒られて精神的にまいってしまう、、

という人は多いですよね。1年目はどうしてもミスや失敗が多いので怒られる頻度は高くなりがちです。

怒られたときのキツイ言葉だけが頭の中をめぐってしまい、仕事内容よりもいかに上司を怒らせないかを優先してしまうなんてことも

私も1年目は怖い上司に毎日怒鳴って怒られました。当時は数日間引きづって上司の顔色を伺うことばかり、、

負のサイクル

怒られることへの恐怖心→怒られた光景が頭をよぎる→怒られないための仕事をする→仕事内容は改善されない→また怒られる

私を含めて今の若い人たちは怒られることに慣れていません。

そのため怒られると「私だけ、、」「私はダメなんだ」と思い、怒られることを怖がってしまいます。

ですが、1年目で怒られているのはあなただけではありません。同じ悩みを持っている人は世の中にごまんといます。

怒られても冷静になって内容をよく聞きてみましょう。そして改善に努めるんです。

「失敗→改善」これを繰り返していいるうちに、気づいたころには毎日怒られることはなくなっていますよ。

怒られることはあなたの思っているほど悪いことではありません。みんな怒られています。

 

相談しやすい先輩を一人見つける

入社当初ってとにかく「分からない」ことが多いですよね。

入社して間もない会社、新入社員であればなにもかもが初めてで分からないことだらけ。

人間は「分からない」ことに一番ストレスを感じます。対応が分からない問題が発生したり、分からない指示をされたとき、

  • え、どうしたら良いの…
  • 考えても分からない…
  • どうしよう…

となってしまいますよね。解決方法はたった一つ。「分かる人に聞くこと」です。

私も最初は自分で考えないと!と思い、一人で悩んでいましたが考えても分からないものは分かりません。

一人でもんもんと悩むくらいなら、分かる人にサクッと聞いちゃったほうが早いですし、自分自身もストレスを感じずに済みます。

かと言って新人の自分が仕事で忙しそうな人に声をかけるのって勇気がいりますよね。私もあまりガツガツいけないタイプだったので躊躇していました。

そのため、相談しやすい先輩を一人で良いので見つけましょう。

  • よく自分に声をかけてくれる人
  • 聞いたら優しく教えてくれそうな人

こんな人が社内に一人はいるはずです。私も一人頼れる先輩を見つけて、何かあったらその人に聞いてました。

分からないことがあっても、気軽に聞ける先輩を見つけるだけで、ストレスはグッと減らせます。

 

時間が経てば解決することも

新人時代って、既に和ができている社内に入るわけですから最初は 「疎外感」をどうしても感じてしまいますよね。

  • 仲の良い社員いない
  • ランチは誘われ待ちで最悪一人…

最初は誰だって辛いと感じます。でもそんな悩みも時間が経てば忘れてしまうかもしれません。

仕事が慣れるにつれて他の人とコミュニケーションを取る機会が増えます。

新人当初はどうしても教える人と教えられる人で立場が対等ではありません。その分どうしても距離間が生まれてしまいます。

ですが、仕事に慣れて同じような業務をしていくと距離感は一気に縮まります。

私は人見知りで他人に話しかけるのが苦手です。

そのため昼ごはんは誘われ待ち、、誘われなかったら一人飯でした。

でも数カ月も経つとほかの人とも打ち解けて、気軽にご飯に行ったり休憩時間中に雑談するように。

私のような超絶人見知りでも2社とも時間が経てば馴染むことができました。それに他の新人を見ていても全員和に入って仲良くなれています。

そのため悩みは時間とともに解消されていくこともあります。最初はつらいかもしれませんが、いつも間にかそんな悩みもなくなった。なんてことも。

仕事分野の本を読んで基礎知識を得る

勉強して仕事分野の基礎知識を得るのも手です。人間は「分からない」という状態のとき悩んでストレスが溜まるもの…

基礎知識をつけて少しでも「分からない」を「分かる」にする。

例えば営業職の人であれば営業の本を休みの日に読んでみる。人間関係で悩んでいる人は上手な人間関係の作り方の本を読んでみる。

仕事に関する悩みはあなた以外にもたくさんの人が抱えています。そういった人向けに書店にはたくさん本が出ていますよ。

私は文系なのですが、建築が絡む仕事をしています。そのため最初は建築用語や建築の仕組みが全く分かりませんでした。

社内や電話先で飛び交う聞いたことない言葉…業者の人に説明されても全く分かりません。

全然わかんないよ!もう嫌だ…

ネットで調べても説明の中に建築用語が入っていて結局分からない、そのたびに先輩に聞くのも気が引けて聞けない…

と思った私は、書店で初心者向けの建築本を買って家で読んでました。やはりネットで調べるよりも本は分かりやすいです。

すると少しずつではありますが、他の人が使っている言葉の意味や説明が分かってきてだんだんストレスもなくなりました。

みなさんの今の悩みはなんでしょうか。その悩みを解決に導いてくれる本は必ずあります。悩んだまま放っておいては解決できません。

Amazonや書店で本を買って読んでみてください。きっとあなたの為になりますよ。

電話取りまくって色んな人に質問しまくる

最初は分からないからこそ電話取りまくって、いろんな人にたくさん質問しましょう。

電話を取っていく中でいろんなことが分かってきます。

  • 自分の会社への要件
  • 取引先名
  • お客さんの要望

などなど。そして電話で言われて分からなければ保留を押して他の人に聞きましょう。

新人が電話で困っていて助けない人なんていません。これを繰り返していくといつも間にか基礎知識がついちゃった!なんてこともあります。

また積極的に電話を取る新人は先輩からみても印象がとても良いんです。

先輩社員
先輩社員
  • 代わりに電話とってくれて助かるな~
  • やる気があったいいね~

その結果、先輩達が優しく声をかけてくれたり、質問してコミュニケーションを取ることで社内に早くなじむことができます。

無理な時は転職しよう

上記で辛い新人時代の乗り越え方を解説してきましたが、「それでもつらい、無理」と思った時は転職を視野に入れましょう。

とくに労働環境が悪かったり、アルハラ・パワハラが見られる会社の場合、あなたの問題ではありません。長く勤めていても問題は解決しないので転職して逃げましょう。

長く勤めていても身体と心が壊れてしまいます。

とはいえ、転職なんてしたことない…会社の人にも相談できない…という人がほとんどですよね。

初めての転職は不安…という人はDODAへの登録がおすすめです。

DODAとは

自分に担当者がついてくれて、以下のサービスを無料で提供してくれます。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉

他の求人を見るだけでも「他にも働く場所はあるんだ!」と思えて多少なりとも気持ちは軽くなります。

とりあえず登録しとくか

みたいな感じで全然OK(^^)/ 転職相談感覚で利用しちゃってください!

DODAなら転職活動で面倒だと思われることは全て代わりにやってくれるため、本番の面接以外に特段することはありません。

DODAで今よりも良いお給料をもらってストレスのない会社を見つけましょう!

初めての転職だと何をどうすればいいか分からないし、面倒な手続きを全てやってくれるのは助かるね!

私も初めての転職で不安だらけだったので転職エージェントであるDODAを使いました。

DODAの特徴
  • 全国対応で国内トップレベルの膨大な求人数
    →あなたにピッタリの会社が見つかる可能性大
  • 一般には出回らない非公開求人も多数抱えている
  • 転職者満足度No1

後で気が向いたら登録しよう…と思った方!今登録しましょう!

今よりも人間関係が良くて年収も高い会社に入れたら最高だとは思いませんか?

あなたの脳は変化をジャマしてきます。この記事を読んでいる今が行動するときです。まずはDODAに登録だけでもして一歩を踏み出しましょう!

↓一歩を踏み出して人生を変える↓

DODAに無料登録☞

ABOUT ME
ゆとリーマン
ゆとリーマン
20代サラリーマン。新卒でブラック企業に入社後、30万、50万の詐欺商材を買ってしまい、その後ストレスで身体を壊し転職。20代から無理なく始める投資や体験談を書いています。