仕事

宅建・FP等、、資格試験合格勉強法。偏差値50の平凡が全て一発合格

どうも。偏差値約が約50の平凡ながら、今まで数々の資格

  • FP2級
  • 宅建
  • 日商簿記2級
  • 管理業務主任者
  • マンション管理士

に一発合格し、資格の試験に一度も落ちたことがないゆとリーマンです。

上記はだいたい合格率が20%くらい(マンション管理士は8%)ですが、このレベルだとやることやれば受かります。

会社に入ると、中にはこの資格ないと一人で仕事できないから早く取ってね。と言われることもあるでしょう。(仲介の際、重要事項説明をするのに宅建が必須など)

しかし、やるべきことをやれば受かるので1発で合格して同期との差を開いちゃいましょう。

私自信、頭は良くありません。しかし資格においては、どの資格勉強も同じやり方で今まで全て受かっており、今ではもう落ちる気なんかサラサラしない。というくらいです。

資格は取るべきところを取れば受かる

資格試験はどの試験も過去の問題とほぼほぼ同内容のものが出題されます。

しかし、中には今まで一度も見たことがない問題も紛れています。

が!そんな問題はなから無視しましょう。資格試験は満点をもらう必要はありません。

学校とは違い、70点合格の試験なら

  • 100点で受かった人
  • 70点で受かった人

も結果同じです。そう受かれば良いのです。

そのためには取れるところで点数を稼ぐ。それだけです。それをするために勉強をすればよいだけ。

資格勉強は取るべきところを取る。

→取るべきところを取るための勉強を!

 

勉強方法

実際の勉強方法です。これを守れば合格はグッと近づくでしょう。

①過去問集を3周解く

最初に資格は過去問とほぼほぼ同内容を聞いてくると言いました。

そのため、過去問集を徹底的に完璧にしましょう。

  1. 1周目は全て問題を解き、間違えた個所にチェックを
  2. 2周目はチェックをつけた問題だけ解く。さらに間違えたらチェック
  3. 3周目は二度間違えたところを解く。

上記をやりましょう。過去問を徹底的に解くことが必須です。

過去問集はかなり分厚く問題量が多いです。

これを解くだけでも良く聞かれる個所、よく出てくる問題が肌感覚で分かります。

その箇所は試験に出る可能性が高く、必ず正解して点数をキープすべき問題です。これを間違えると合格から遠のきます。

②少しでも疑問に思った箇所は教科書で理解

問題を解いていく中で、必ず「どゆこと」という箇所が出てきます。また上記の過去問で間違えてチェックを入れた箇所があります。

その箇所は教科書を読んで「理解」するように努めましょう。

過去問集の答えにも簡単に解説が書かれていますが、教科書と比べると内容は薄いです。そのため教科書を読むことも必須。

理解せず暗記だけで頭に入れると、う見方で問題を出された場合解けません。

また良く出る箇所、重要箇所は徹底的に教科書を読んで一から理解する必要があります。

③模試問題集を解く

過去問を3周して、教科書を読んで完璧にしたらいよいよ模試問題を解いてみましょう。

過去問集を全て理解できているため比較的問題を解くことができるはずです。

しかし、模試なので本番試験同様「全く見たことない!」という問題があります。これに最初ぶち当たると「まだ全然理解できていない、、」と思いがちですが、そんな問題本番試験で出る可能性はかなり低いです。

可能であればその点も理解しておくとベストですが、無視しても支障はあまりありません。取るべきところを取る!

これが大事なのですから。

勉強は日々コツコツと

資格勉強は試験の4カ月前から毎日一時間でも良いのでコツコツと積み重ねましょう。

私自身毎日仕事帰りに、カフェなのでちょっとずつ勉強してから帰宅しました。

どうしても仕事終わりに家に帰ると「あ~つかれたー」となり、勉強する気分にはなれません。家はスイッチを切って休む場所と脳が決めてしまっているのです。

そのため、帰宅する前に仕事場やカフェなので勉強してから帰宅することがおすすめです。

家に帰るとスイッチオフ。勉強は帰宅前に

毎日コツコツと勉強するため、資格試験1カ月、数週間前になっても私は勉強量はそこまで増やしません。

それまでの積み重ねで土台ができているので、あとは教科書をさらーと見て「あ、ここあんまり理解できていないな」と思ったところを読み込むなど、残りのピースを埋めていく感じイメージ。

資格数日前に「うおーー!追い込むぞおおお!!」という人がいますが、今更遅いですし集中力は何時間も持ちません。そのため頭に入らないので無駄です。

数日前に一日漬けで勉強

私の場合、試験1日前なのどは一切勉強せず、ゆっくり休みます。そして、いつも以上に早く寝て脳を休ませます。試験は脳をすっきりさせて万全の状態で臨みましょう!

毎日コツコツと勉強しテスト前はしっかり寝る

 

まとめ

いかがでしょうか。資格試験はある意味簡単です。

やることやれば受かる。

やらなければ受からない。

非常に単純なことです。

運なんてありません。やるかやらないか、それだけです。

結局やるか、やらないか。やれば受かる

やることは「過去問を完璧にする」これだけ。これだけをすれば合格率20%程度の試験であれば受かるのです。

誰しもが上記のやり方が自分に合う!というわけではないかもしれませんが、決して無駄にはなりませんので、参考にして自分に合った勉強方法を見つけてみてください。

自分のスキルアップのために以下の中から資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

当ブログを読んでくださった方が無事に資格合格することを祈っております。


ABOUT ME
ゆとリーマン
ゆとリーマン
20代サラリーマン。新卒でブラック企業に入社後、30万、50万の詐欺商材を買ってしまい、その後ストレスで身体を壊し転職。20代から無理なく始める投資や体験談を書いています。