未分類

20代で習慣化する力を身に着けるべき。継続する方法とコツとは

あなたは決めたことを毎日続けられますか?

例えば

  • 毎日ランニングする!
  • 毎日朝5時に起きる!

といった目標を立てても、実際に達成できるのは最初の1,2日だけ、、なんてことありますよね。

人間の心や意志は脆いものです。でもそんな人でも考え方や目標を設定を変えることで継続することは可能です。

私は高校時代まで腕立て10回もできないガリッガリでした。そのため筋トレは大っ嫌い。

しかし、22歳~現在25歳まで筋トレを週6でこなしています。これも目標を設定を変えたからです。

この記事で分かること

  • なぜ人は継続できないのか
  • 目標の設定方法
  • 習慣化によるメリット

多くの人は目の前の報酬を優先してしまう

目標:明日から毎日1時間ランニングする!

こんな目標をた掲げたとしましょう。

しかし、実際に走ってみると続いたのは最初の数日間だけになりがち。

それは毎日ランニングをした後にくる未来の報酬よりも、目の前の報酬を優先させてしまっているからです。

  • 未来の報酬
    →痩せた身体、運動でのストレス発散などなど
  • 目の前の報酬
    →家でダラダラしてTVが見れる、ゲームができる

実際にランニングをした方が報酬としては大きなものが得られます。

しかし、その報酬は走り続けた人にしか分かりません。いくら継続していない人にメリットを伝えても響かないんです。

それはビールの味が分からない未成年に、ビールの喉越し等良さを伝えるようなものです。

習慣化するには悩まないレベルまでもっていく必要がある

毎日1時間ランニングする!という目標に対し、「今日走ろうかな、どうしようかな」と意志力が試されている時点で習慣化はできていません。

習慣化とは悩むことなく、当たり前のように行動すること。

毎回悩みが生じて自分の意志力が試されてしまう。そんな状況では今後続くわけがありません。

自己否定感や不安は意志力を低下させる

習慣は意志力が試されない状態。とは言いますが、どんなことでも最初は意志力との闘いです。

この意志力の戦いにいかにして勝ち続けていくか。勝ち続ければいつの間にかそれは習慣となっていきます。

そんな意志力は、自己否定感不安といったマイナスの感情で低下してしまいます。

やる気は始めてから出てくるもの

○○する!と決めたもののやる気が出ない。なんてことは人間だれしもがありますよね。

実はやる気は実際に始めてから出てくるものなんです。

例えば部屋の掃除。

最初はちょっと気になるところを掃除しただけなのに、やりだしたら止まらなくなってしまったことありませんか?

これもやる気は始めてから出てくる良い例です。

やる気は脳の側坐核(そくざかく)というところで作られます。しかし、この側坐核は行動しないと刺激がされません。

つまり、実際に始めてこの側坐核を刺激してあげることで初めてやる気がみなぎってくるのです。

そのためにもまずは始めること!これが一番重要であり、一番の壁です。

始める難易度を下げて意志力が勝てるようにする

最初にあげた毎日1時間ランニングする!といった目標。

「これから毎日やらないといけない」と思うと正直どうでしょうか。

私なら今から億劫になりますし、いざ明日を迎えてもできるかどうか分かりません。

「毎日1時間ランニング」これかなりハードルが高い目標になっていますよね。

そのため目標の難易度をグッと下げましょう。

「1時間→5分」にして「毎日5分ランニングする!」に変えるんです。

5分ならやる気がでない時でも、忙しい時でもまぁやるか!と思えるはずです。

結果、走ってみると脳の側坐核が刺激され、5分経過しても「せっかくだしもうちょっと走ろう」とやる気が芽生えてきます。

時には本当に5分で辞める日もあるでしょう。しかし、それでも決めた目標は達成しているため自己否定感を感じずに済みます。

とにかく辞めずに続けられるハードルに設定すること。これが一番大切です。

一度継続できるとその他も習慣化しやすくなる

私はジムに行くことを「お風呂に入りに行く」ことをハードルにして、習慣化できました。

すると自己否定感の逆で、「自分はできる!」という自己効力感が得られます。

この自己効力感があると、もっと他の面も向上させたい!もっと未来の報酬に向けて習慣化したい!と思えてきます。

私でいうと、朝の早起きと今書いているブログ。これらもなんだかんだ続けられています。

1つのことが達成できると自己効力感が得られ、自信がつきます。

この自信を糧にさらなる習慣化が可能になるという良いスパイラルにはまることが可能になるわけです。

習慣化の効力は様々なところに波及する

私がジムを習慣化できました。それによって主に下記のメリットがあります。

  • カッコいい身体になれる
  • 自分への自信
  • 太りにくい身体
  • 健康的な食生活

主に筋トレのメリットとしては上記があげられますが、それ以外にも様々なメリットがありました。

例えば階段。普段なら「だるいなぁ」と思うところですが、筋トレが習慣になっていると

ゆとリーマン
ゆとリーマン

身体が軽い!階段なんて全然つらくない

むしろ良いトレーニングだ!

階段に対してポジティブなイメージを持つようになりました。これは会社での引っ越し作業や一般的につらいと思われること全般です。

習慣化によって、最初は想定していなかった効果が様々なところに出てくるわけです。

1度これを経験すると、目の前の報酬よりも未来の報酬の方が数倍以上魅力的に感じ、ますます習慣化できるようになります。

20代から習慣化を増やしていくべき

習慣化することで以下のメリットが得られます。

  • 目の前よりも未来の大きな報酬をゲットできる
  • 自己効力感が得られ、ますます習慣化を取り入れる
  • 習慣化の効力は様々なところに波及する

そしてこの習慣化する方法、コツは

  • やる気は始めてから出てくる
  • 始めるハードルをグッと下げる

とにかく始めるハードルを下げて続ける。続けることで自己否定感を避けて意志力を保つ。

これが全てです。

しかし、世の中でこれを実践している人はかなり少数派でしょう。

30代、40代の人でも意志が弱く、何事も口だけの人はたくさんいます。

そんな中で20代から習慣化を取り入れて、未来の報酬を得ることができれば、人生の長い20代にとっては最高のご褒美になります。

みなさんも明日と言わずに今日から簡単な目標を設定して、習慣化を取り入れてみてください。

ABOUT ME
ゆとリーマン
ゆとリーマン
20代サラリーマン。新卒でブラック企業に入社後、30万、50万の詐欺商材を買ってしまい、その後ストレスで身体を壊し転職。20代から無理なく始める投資や体験談を書いています。