筋トレ

プロテインは老若男女全てに人が飲むべき。たんぱく質の重要性

筋トレをしている人はプロテインを飲んでいるイメージはみなさん想像がつくと思います。

でもなんでプロテイン飲むの?プロテインってなに?

という疑問を解決しましょう。結論から言うと筋トレしている人以外も飲んだほうが良いのです。

プロテインとは

簡単に言うと「タンパク質」です。一般的にプロテインといえば、たんぱく質のサプリメントを指します。粉末状のプロテインパウダーを牛乳や水に溶かして飲みます。

プロテイン=タンパク質

 

身体はタンパク質でできている

人間に身体は約60%が水であるのはご存知の方も多いと思います。では残りの40%は?

この40%のうち、約半分の20%がタンパク質

そしてこのタンパク質が筋肉を作っています。そのため、筋トレ時にみんなこぞってプロテインを飲んでいるのです。

しかし、タンパク質は筋肉を作っているだけではありません。皮膚や髪の毛、爪、歯、脳、内臓、血管、血液中の成分やホルモン、等々。。全てたんぱく質でできています。

たんぱく質は主にアミノ酸で構成されており、20種類ものアミノ酸が様々な順序で結合され約10万種類のタンパク質に形を変え、私たちの身体を構成しています。

タンパク質が不足すると?

身体はたんぱく質でできているため、もちろんタンパク質が不足すると身体は弱っていきます。

例えば、肌荒れや髪のパサつき、筋肉が減少して基礎代謝の下落→太りやすくなる。また、疲れやすくなったり、免疫力も低下。集中力や免疫力も低下します。

つまり、タンパク質は非常に大切な栄養素であり、不足すると身体に悪影響なのです。

現代人はタンパク質不足

現代人は多くの人がタンパク質が不足しています。

過度の食事ダイエットや、偏食がありたんぱく質の摂取量が激減しています。

タンパク質を多く含む食材としては肉、魚があります。しかし、現代人の忙しい毎日だと手間のかかる焼き魚等は食べる機会がなく、どうしても麺類やファーストフード。コンビニでおにぎりやパンになりがちです。

1日に必要なタンパク質量は?

厚生労働省が「日本人の食事摂取基準」を発表しており、それによると1日あたりの推定平均必要量は18歳以上の男性が50グラム、18歳以上の女性が40グラムです。

体重1キロに対して1グラムが基準

しかし、これは最低限の量。筋トレや運動をしている人は体重に対して1.5~2グラムのたんぱく質を取ることが大切です。

そのため体重60キロの人は一日最低90グラムのタンパク質を取る必要があります。

しかし、普段の食事のみで毎日90グラム摂取するのは至難の業です。

手軽にタンパク質が摂取できるプロテイン

そこでプロテインです。

プロテインは水や牛乳に溶かして1回約20グラムのたんぱく質を素早く手軽に摂取できます。

私はこれを朝、晩の2回とっています。

これで運動している体重60キロの人も必要な90グラムのうち、40グラムを食事以外で摂取できるので、残りは50グラムです。

50グラムであれば食生活を気を付けてたんぱく質を取ることを心がけていれば、難しくはありません。

たとえば今やコンビニに必ず売っているヒット商品「サラダチキン」一つで約28グラムのタンパク質がとれます。そのため、小腹が空いた時に、コンビニに売っているチキン類を食べるのは効果的です。

女性もプロテイン飲むべし

人間の身体はたんぱく質でできている。そのため、プロテインはなにもゴリゴリのマッチョだけのものではありません。

また、そのイメージからプロテインを飲むと筋肉質になって、太りやすくなるんじゃないか。。

と思っている方も少なくないでしょう。

しかし、プロテインの飲んで適度な運動をし、ほどよい引き締まった筋肉をつけることが一番理想的なやせ方です。

どうしても食事制限だと、その後食べた時にリバウンドします。しかし、運動をしプロテインでタンパク質を摂取し、程よく筋肉がついた身体は基礎代謝が上がっているため太りにくくなります。

また、たんぱく質不足を補うことで美容面でも肌や髪、爪の状況を改善されます。

適度な運動をしてプロテインでタンパク質摂取

→程よく筋肉がつき、身体が引き締まる。筋肉量が増えるため一日の消費カロリーである基礎代謝が上昇し、太りにくく引き締まった身体に。

 

食事制限

→食事を取る量が減るため、たんぱく質の摂取量も減り、一層たんぱく質不足に。それにより、肌荒れや髪の毛、爪のつやがなくなるなどの悪影響のリスクが高まる。また、基礎代謝が増えていないため、食事を戻すとリバウンドする

結果、食事制限よりも適度な運動とプロテインでほどよく筋肉をつけるほうが理想的

プロテインの種類は大きく3種類!自分に合ったプロテインを選ぼう プロテインは大きく3種類 プロテインは原材料の違いから大きく以下の3種類に分けることが可能です。 ホエイプロテイ...

まとめ

  • プロテインはタンパク質
  • 身体の20%はタンパク質でできている
  • タンパク質が不足すると肌荒れ等身体に悪影響
  • 現代人はタンパク質不足
  • プロテインで手軽にタンパク質摂取
私が愛用しているマイプロテイン

私が愛用しているのはマイプロテインです。こちらはイギリスの会社でNo1スポーツ栄養ブランドとしてヨーロッパNo1になっています。

魅力は何といってもその安さバレンタイン、クリスマス等々で頻繁にセールを開催しており、40パーセントオフなども実施しています。

ホエイプロテインもセール時は1キロ当たり1400円程度で購入可能です。ザバスのプロテインが約1キロで4,000円のため半額以下で買えます。

 

マイプロテインで購入する

上記ボタンから購入すると初回はいつでも全品33%オフで購入可能です。

ABOUT ME
ゆとリーマン
ゆとリーマン
20代サラリーマン。新卒でブラック企業に入社後、30万、50万の詐欺商材を買ってしまい、その後ストレスで身体を壊し転職。20代から無理なく始める投資や体験談を書いています。