仕事

20代社会人のお金の使い方・使い道「消費」 「浪費」「投資」に分けて考える

こんちには。80万の詐欺商材を買ってしまい貯金なくなったゆとリーマン(@1129shog)です

みなさんお金を使う基準は何ですか?

欲しいと思ったら、日ごろのストレス発散のため、自分の趣味、基本使わず貯金etc…..

お金の使い方は人それぞれです。

 

ですが、私は無駄な消費はしないように心掛け、なおかつ極端に貯金はしないようにしています。


お金の使い方は3種類ある

お金の使い方には、「消費」「浪費」「投資」の3つがあります。

消費:使ってなくなること

浪費:一言でいうと無駄遣い。使わなくても生きていける。

投資:将来の見込んで使うこと。

具体的に見の周りで言うと、

・消費…家賃、光熱費、通信費、食事、生活必需品

浪費…タバコ、ギャンブル、会社の無駄な飲み会、○○の衝動買い

投資…本、友人関係を広めるイベントや飲み会、資産運用

 

おおまかにこんな感じで分けることが可能です。

しかし、例えば同じ会社の飲み会でも

・上司に誘われて嫌々行く飲み会

・尊敬する人と行っていろいろ教わる飲み会

嫌々行く飲み会はどう考えても「浪費」ですが、自分にとって意味のある飲み会は「投資」に充てられるかもしれません。

これは自分次第です。「浪費」と「投資」の分かれ目は自分のためになるかどうか。

(ちなみに私は会社の人との飲み会は、意味がない!と思っているので極力参加しません…)

これを踏まえて最近自分がお金を使ったものを見つめなおしてみてみましょう。

お金を全く使わないのも良くない

ゆとり
ゆとり
えーー、、使わず貯金しなきゃ、。

という人の意見も十分分かります。私も学生時代はバイトばかりして基本使わず100万以上貯めました。

しかし、貯金する目的があったわけではありません。これは意味がありませんでした。

貯金する理由は?

貯金するという人の目的な何でしょうか?

中には

  • 車が欲しい
  • 結婚式のために
  • 留学するために

など明確な理由がある人もいると思います。

しかし、なんとなく、お金ないと不安だからといった漠然とした理由で貯めている人が多いのではないでしょうか。

お金を貯めると確かに一定の安心は得られるでしょう。

しかし、一度100万円貯めるとお金をつかって口座が100万円を下回ることには躊躇してしまいます。

目の前にせっかく良い経験、自分の成長の機会があっても「貯金しないと。せっかく貯めた100万円使いたくない」とチャンスを逃してしまいます。

これではお金を貯める意味がありません。

目的もなく、なんとなくしている貯金

自分の夢を果たすための貯金

お金を使わないなら資産運用すべし

お金を貯めたい場合でも貯金より投資です。

例えば30万円を年利5%で運用すると、約130万円になります。(約4,32倍)

しかし、銀行に預けているだけではほぼ増えません。

年利5%は投資初心者でも十分に可能な数字です。今では20代からできる様々な投資サービスがあります。

【20代投資初心者からできる投資】簡単に少額から可能な資産運用一覧 資産運用は若いうちから 資産運用ときくと、「お金をもっている人が不動産や株などをやっているイメージ」と...

若いうちからお金についても投資をして、お金に働いてもらうということを学ぶべきです。

 

20代はお金を投資に使おう

20代は貯金せず使うことが大切と言いましたが、ただ闇雲に使えばよいというわけではありません。

お金を使うときは浪費か投資か考える

お金の使い方は3種類ありますが、「消費」は生きていくため、生活していくために欠かせないのであまり考える必要はありません。

消費以外の「浪費」「投資」を配分の考えましょう。

  • 友達に自慢したい、見栄を張りたいがために高い時計、車を買う。
  • ストレス発散のために服を衝動買いする、飲み会に行き愚痴る

↑これは浪費です。

  • 営業など人から第一印象で信用を得るために良い時計を付ける
  • 人脈を広げるための飲み会へいって、知り合いを作る

↑これは投資です。

このうち、ほとんどを浪費に使っている方もいるのではないでしょうか?

これではお金が貯まらないどころか、将来リターンも得られずお金がずっと貯まらない人になってしまいます。

お金は投資に使うべし

結論からいうと20代は投資にお金を使うべきです。

浪費はその一瞬は幸福感や優越感、快楽を味わうことができますが、その場限りです。

つまりお金が無くなるだけで何も残りません。

一方投資は、リターンがあります。しかも数倍の。

このリターンを長期間に渡って得られるように、20代のうちから自分に投資をするのです。

幸福感は「モノ」より「経験」で得られる

例えば高い車や高い時計を買ったとします。

買った瞬間は友達に自慢できる。高いものが得られた喜びで幸福感が得られるでしょう。

しかし、1年後もその幸福感は続いているでしょうか?その車・時計が当たり前なってしまい、さらに高い車・時計が欲しくなってしまいます。

モノの幸福は短期的で、より高いものより良いものとキリがない。

 

対して経験です。

たとえば昔から行きたかったヨーロッパに旅行したとします。

旅行を計画するとき、旅行中、旅行後の旅話。幸福感が得られます。

数年後一緒に旅行にいった友人と会うと、「あの時こんなこととあったよなーー」「ここ行ったよねーー」と盛り上がり、写真を見返して笑いあえます。これも幸福感。

経験の幸福感は長い

ゆとリーマン
ゆとリーマン
私自身も卒業旅行で友人とパリやロンドンに行き、騙されてただの紐を1万円くらいで買ってしまった思い出があります。

今でも友人と会うと笑い話になりますし、職場の人と話すときのネタにもなっています。

 

幸福感は「モノ」より「経験」を選ぶべき

まとめ

20代はまだまだ人生これからです。

まだ成長していく期間なのに、成長にお金を使わず目的もなく貯金するのはもったいない。

かと言ってギャンブルや見栄を張るための高い買い物にお金を使うのも望ましくありません。

自分の経験や知識、勉強に投資をして、数年後、数十年後より力を増した自分に向けて投資をしましょう。

気軽にできる自己投資は読書

読書は約1,500円で優秀な著者の経験や知識が得られる、かなりコスト的にもパフォーマンスが高い自己投資です。

普段自分が出会うことのない職種や人たちの生きてきた知識や考え方が簡単に得られるため、今後の人生の参考にもなります。

1点注意なのは読むだけで終わっては意味がないこと。

何か一つだけでも実践してみてください。

例えば、「効率化」という本を読んだとします。

そこに「朝は脳が冴えていて、作業の効率が良いから早起きして作業するのが良い」と書かれていたら実際に早起きするのです。

こうして今までの自分の生活を少しずつ変えていくことで、成長するきっかけになります。

以下は私が読んできた中でおすすめの本です。ぜひ読んでみてください。

レバレッジ・リーディング

これから読書を始めるぞ!という方にぜひ読んでもらいたい1冊です。

読書を自分の仕事・収入に繋げていくために、ビジネス本を効率よく読む方法が書かれています。

LIFE SHIFT(ライフシフト)

  • これからの時代100歳は当たり前
  • 一つの会社で定年まで勤め、退職金で余生を暮らすというプランは通用しない
  • 無形の資産(人脈・健康)の重要性

が学べます。100歳が当たり前になっている20代必見です。

はじめての人のための3000円投資生活

こちらはお金に関する本。お金に対しての悩みはつきません。

投資に対して「損するから怖い」「投資するお金ない」というイメージがある人に読んでもらいたい本です。

  • 投資を通じて貯金できるように
  • 投資はお金がなくてもできる

ことが学べます。

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え

いつか成功することを夢みた大学生。

結局何がしたいのか分からず会社に入り、起業を目指すもお金がないことを言い訳に行動いないまま…

周りに影響されて車を買いそのローンのために会社で働き続けてしまうストーリー

  • 成功とは何か
  • 幸せとは何か

を考えさせれらえる本です。20代の方にぜひ読んでもらいたい1冊です。

ABOUT ME
ゆとリーマン
ゆとリーマン
20代サラリーマン。新卒でブラック企業に入社後、30万、50万の詐欺商材を買ってしまい、その後ストレスで身体を壊し転職。20代から無理なく始める投資や体験談を書いています。