投資信託

ニッセイ外国株式インデックスファンド 圧倒的人気のわけ

ニッセイ外国株式インデックスファンドは、信託報酬が安く、インデックスファンドの代表的な存在となっています。投資信託に投資する際、この銘柄を買っている人はかなり多いです。

ニッセイ・インデックスシリーズはどれも購入手数料無料のノーロードであり、信託報酬も安く設定されているため、積立投資でも低コストで資産運用が可能です。

特徴

インデックスファンドは指数に連動することをご存知でしょうか。

ニッセイ外国株式インデックスファンドはMSCIコクサイ・インデックスという指数に連動する投資信託です。

MSCIコクサイ・インデックスとは

世界の株式を対象とした指数であるMSCI All Country World Indexから新興国と日本を除外したものです。1986年3月31日のい算出されてから30年の実績がある指数で、投資家から日本を除く先進国株式投資の物差しとして使われています。

内容は、MSCI社が定義する先進国23か国から日本を除く22か国で構成されています。大型株・中型株・1318銘柄が時価総額が大きい順で組み込まれてます。(米国が66.27%を占めており、市場規模が大きい米国株式の比率が高い)

つまり、MSCIコクサイ・インデックス指数に連動するニッセイ外国株式インデックスファンド1本に投資するだけで、世界の先進国の株式に分散投資が可能となっています。

指数の説明にもあるように、先進国のうち、日本は除外されています。そのため、これ1本では日本国内の株式には投資できません。

日本株式もポートフォリオに入れたい場合は、同じくニッセイ・インデックスシリーズのニッセイ・国内株式インデックスファンドの購入を検討してはいかがでしょうか。こちらも信託報酬が安く、もちろんノーロードであるためおすすめです。

実際の利回りは

記事作成時(2018年3月12日)時点では

1カ月:-4.51%

1年間:12.73%

3年間:4.56%

となっています。もちろん年によって景気が良いとき、悪い時があるため変動はしますが、だいたい利回り5%になるでしょう。

記事作成時では直近の2月初旬には世界の株価が下落しています。上記の1年間のリターンを見ると12.73%となっており、かなり上がっているのが分かります。今回は上がりすぎたために下落が起きました。

ニッセイ・外国株式インデックスファンドも1カ月のリターンはー4.51%となっています。

しかし、投資信託は長期の積立投資が前提であるため、長期的に見ると平均5%以上は利回りを出せるのではないでしょうか。

1つの国、例えば日本だけを見ると今後人口減少があり、決して明るい未来とはいいがたいかもしれませんが、世界全体では人口は増え年々、株式は上昇していっています。

そのため、誰でも簡単に世界経済に投資可能な投資信託はかなりおすすめです。

他の外国株式インデックスファンドとの比較

投資信託には様々な種類があります。今回の外国株式を対象としたインデックスファンドでも手数料が安いものとして下記があります。

  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • One たわらノーロード先進国株式
  • 大和-iFreeインデックス

中でも上記2つ(eMAXISとたわら)は連動するベンチマークもニッセイ・外国株式インデックスファンドと同様MSCIコクサイ・インデックスです。

そのため、これらを購入してもほぼほぼ同じ利回りとなります。

しかし、投資信託は一般的に純資産が大きいほど、ベンチマークとの連動が安定すると言われています。

純資産が多いほど、指数と連動する

投資信託は、いつでも購入。そして解約が可能となっています。そのため、いつ資金が抜けても良いように備えて多くの現金を保有しておく必要があります。

しかし、その現金。つまり純資産がなければ理想とする分散投資ができず、指数と連動する投資銘柄(ポートフォリオ)が組めない可能性があります。

もちろん、分散投資ができなければ指数と連動することができず、指数との差が出てしまうため、純資産が大きいほど個人投資家は投資の対象にします。

ではここで先ほどあげた投資信託と比べてみましょう。

投資信託名 純資産
ニッセイ・外国株式インデックスファンド 80,476百万
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 7,087百万
One たわらノーロード先進国株式 1,939百万
大和-iFreeインデックス 3,441百万

その差は一目瞭然です。

これが外国株式インデックスファンドの中でも個人投資家から選ばれている理由です。

まとめ

外国株式に投資したい!でもどれが良いか分からない!という方はこれを買っておけば間違いないことは確かです。私自身も様々な投資信託を積み立ててしますが、ニッセイ・外国株式インデックスファンドを一番多く積立投資しています。

みなさんもぜひSBI証券で口座開設して外国株式投資してみてはいかがでしょうか。


ABOUT ME
ゆとリーマン
ゆとリーマン
20代サラリーマン。新卒でブラック企業に入社後、30万、50万の詐欺商材を買ってしまい、その後ストレスで身体を壊し転職。20代から無理なく始める投資や体験談を書いています。