NISA

つみたてNISAのメリットとは。毎年40万投資可能で20年利益が非課税

2018年1月から「つみたてNISA」が始まりました。

ゆとり
ゆとり
聞いたことはあるけど一体なんなの?

ゆとリーマン
ゆとリーマン
簡単に解説するよ。ぜひやったみよう!

安定して資産を築ける制度ですので、私も毎月3万円投資信託の積立を始めました。

 

そもそもNISAとは

NISAとは

株や投資信託等の運用利益、配当金を非課税にする制度です。

通常であれば株や投資信託の運用益には20%の税金がかかります。

NISAはそれを非課税にしますよ!という制度。

専用のNISA口座を20歳以上の人であれば誰でも一人につき1口座を作ることができます。

SBI証券で口座作成は無料でできます。お得なので開設しておいて損はないですよ。

SBI証券で口座開設

つみたてNISAとは

では、つみたてNISAはなんのか。

2018年1月からスタートした新しいNISAの制度です。

つみたてNISAが始まる前にもNISAの制度はありました。

従来のNISAとの違いは以下の通り。

積立NISA 現行NISA 通常の投資
制度終了年 2038年 2023年 無期限
非課税期間 20年 5年 なし
投資対象商品 投資信託・ETF

(条件あり)

株・投資信託・ETF・REIT 制限なし
利用可能年齢 20歳から 20歳から 制限なし
年間投資可能額 40万 120万 制限なし

 

NISA口座は一人ひとつまで

なおNISA口座は一人ひとつしか開設できません。

つみたてNISAと従来のNISAは併用できない。

どちらか一つを選びましょう

初心者はつみたてNISAがおすすめ

つみたてNISAは毎月決まった金額を、名前の通り積み立てるものです。

従来のNISA

  • 年間120万
  • 非課税期間は5年

 

つみたてNISA

  • 年間40万
  • 非課税期間は20年

 

年間投資金額は通常のNISA120万と比べると40万と非課税の上限は低く設定されていますが、非課税期間が20年と長いのが特徴です。

 

投資初心者はつみたてNISA

私もですが、

  • 投資初心者
  • 時間がある
  • 20代30代

はつみたてNISAを選びましょう。

一番安定した資産形成ができる「長期」×「積立」×「分散」が自然とできるからです。

ドルコスト平均法が働く

簡単にいうと安い時に多く買う。高い時にはちょっとだけ買うが自動でできるため、安定して資産運用が可能です。

ゆとり
ゆとり
どういうこと?

 

りんごの価格が1個100円→150円→50円→100円となったとします。

この場合のりんごの平均価格は100円ですね。

 

・りんごを毎月1000円ずつ買う(ドルコスト平均法)

・毎月10個買う場合

を比べてみましょう。りんごの平均価格は1個100円なので価値は一緒になるはず…

 

パターン①りんごを毎月10個買う場合

りんご1個の価格 買う個数 値段
100円 10個 1000円
150円 10個 1500円
50円 10個 500円
100円 10個 1000円
合計 40個 4000円

合計で40個。トータル4000円でした。

 

パターン②毎月1000円分買う場合

りんご1個の価格 買う個数 値段
100円 10個 1000円
150円 6.7個 1000円
50円 20個 1000円
100円 10個 1000円
合計 46.7個 4000円

合計で46.7個。トータル4000円でした。

ゆとり
ゆとり
りんごの個数が違う!?

合計金額は同じですが、毎月一定額買うほうが多く買えています。

これがドルコスト平均法です。

投資でも同じことが起こります。少しでも多く投資商品を買え資産が増えます。

複利効果で利益は大きくなる

つみたてNISAで買える商品は主に投資信託です。

投資信託を毎月購入することで年利5%は狙えます。

ゆとり
ゆとり
たったの5%!?

と思うかもしれませんが、これを数年続けることで利益は雪だるま式に年々増えていきます。

毎月3万円を利回り5%で運用すると下記のようになります。

30年後には元本が1080万なのに、利益が約1400万に。

そしてグラフを見ると年数が経つほど利益が占める割合が多くなっています。

つまり、早く始めて少しでも長く運用した方がよい!ってこと。

やったことがない人も今!始めるべきです。

数百円から可能です。まずは千円単位で始めてみましょう!

SBI証券で口座開設

 

 

楽天 全米株式インデックスファンド

私は「つみたてNISA」で楽天 全米株式インデックスファンドを積み立てています。

 

投資信託の中では主に

株式がハイリスク・ハイリターン

債券がローリスク・ローリターン

となっており、株式と債券を組み合わせてポートフォリオを構築することが一般的です。

 

ゆとリーマン
ゆとリーマン
でもまだ20代前半。まだまだ先は長いため少しくらいリスクをとってハイリターンを狙いたい!

そこで目を付けたのが楽天 全米株式インデックスファンドです。

こちらはその名のとおり、アメリカの株式を対象とした投資信託です。

これ一つでアメリカ株式市場の約80%をカバーでき、アメリカ株式市場全体に投資ができます。

過去の長期リターンを比較すると、アメリカ株式市場に投資するのが一番。

世界の株式にこれ1本で投資ができるので、初心者の方で世界の株式に分散投資したい!という方は、このインデックスファンドをおすすめします。

また、信託報酬も年0.1696%(税込)とかなり安く設定されています。

迷ったらこれを積み立てれば間違いなし!

つみたてNISAで、楽天全米株式インデックスファンドを毎月買う!

 

※追記

2018年4月から積立を開始し、現在は以下のようになっています。

やはり海外株式は成績が良いです。

20代のみなさん、投資すべきは国内ではありません。海外です。

ABOUT ME
ゆとリーマン
ゆとリーマン
20代サラリーマン。新卒でブラック企業に入社後、30万、50万の詐欺商材を買ってしまい、その後ストレスで身体を壊し転職。20代から無理なく始める投資や体験談を書いています。