20代の平均データ

気になる同世代の年収 20代の平均年収はいくら?飲食や総じて低収入の現状

社会人になると気になるのは給料。そう年収です。

ゆとり
ゆとり
みんないくらもらってるのかなー

と、誰もが気になるところでしょう。

ゆとリーマン
ゆとリーマン
平均年収を見てみようっ

20代前半(20~24歳)平均年収は258万円

国税庁の平成28年度の調査によると20代前半(20~24歳)の平均年収は258万円です。

男性と女性では差があります。

  • 男性…275万円
  • 女性…241万円

※出典:国税庁 平成28年度民間給与実態統計調査

20代前半はまだ会社に入ったばかりで役職にもついていなく、勉強期間のためやはり年収は低めですね。

20代後半(25~29歳)の平均年収は351万円

国税庁の平成28年度の調査によると20代後半(25~29歳)の平均年収は351万円です。

男性と女性では差があります。

  • 男性は383万円
  • 女性は309万円

20代後半になってくると中には主任などの役職がついたり、経験値も増え会社の戦力となるため20代前半と比べると高くなりますね。

男性の場合400万円あれば、まぁ上々かなといった感じでしょうか。

女性と男性ではかなりの差が

上記の数字を見ると気になるのは男女の差。

やはり、男性は就職すると総合職に就く人が多い中、女性は年収が低めになる事務系の一般職への就職が多いのが影響しています。

正規社員と非正規社員

また、正規社員と非正規社員の割合によるものが大きいです。

総務省の労働力調査によると平成29年度の正規社員は3449万人

  • 男性は2408万人
  • 女性は1041万人

非正規社員は1735万人

  • 男性は539万人
  • 女性は1196万人

正規社員は男性が女性の倍以上

非正規社員は女性が男性の倍以上

となっています。

正規社員と非正規社員の年収の違い

もちろんですが正規社員のほうが年収は高いです。しかし、かなりの差があります。

給与所得者の全体平均年収

  • 正規社員…487万円
  • 非正規社員…172万円

正規社員と非正規社員ではかなりの差がありますね。。正規社員の場合役職について年収が上がるため、その影響が大きそうです。

男性に比べて女性は正規社員が半分以下、非正規社員が男性の倍以上となっているため平均でみると女性の年収は低くなってしまいます。

業種でも違いが。ワーストは宿泊・飲食サービス業

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査を見てみると年収の違いは業種でも現れています。

(賃金構造基本統計調査の月収データを12ヶ月分で算出)

※出典:厚生労働省 賃金構造基本統計調査 産業別

 

男性
20代前半 20代後半
No1 情報通信業/273万円 金融・保険業/340万円
No2 金融・保険業/268万円 情報通信業/321万円
No3 教育、学習支援業/262万円 学習研究、専門技術サービス業/315万円
女性
No1 情報通信業/265万円 情報通信業/307万円
No2 学習研究、専門技術サービス業/251万円 学習研究、専門技術サービス業/295万円
No3 医療・福祉/250万円 金融・保険業/279万円

 

20代前半は情報通信業がNo1

20代前半は男女ともに情報通信業がNo1です。

  • 男性平均…273万円
  • 女性平均…265万円

男性の場合はNo2が金融・保険業。No3が教育・学習支援業です。

女性の場合はNo2が医療・福祉業。No3が学術研究・専門、技術サービス業となっています。

20代後半の場合

20代後半男性

  • No1は金融・保険業。
  • No2が情報通信業
  • No3が学術研究・専門、技術サービス業。

金融保険業が情報通信業と抜いてトップとなっています。そのため金融・保険業は昇給割合が高いことが分かります。

20代後半女性

  • No1は情報通信業
  • No2が学術研究・専門、技術サービス業
  • No3が金融・保険業

20代前半では医療・福祉業がトップ2に入っていましたが、後半になるとトップ3から外れています。そのため最初の給料は良いが昇給率が低いことが伺えます

ワーストは宿泊・飲食関係

ワーストを見ると男女ともに宿泊・飲食サービス業が低い傾向にあります。

飲食などは人手不足も深刻化しており、社員一人当たりの労働時間も長いことが想像できます。

そのため、時給換算で見ると平均年収以上に差がありそうです。

今の年収が全てではない

上記の業種別の年収を見ると分かるように、同じ20代でも20代前半と20代後半では業種別の年収ランキングに違いが出てきます。

20代前半の時点で給料高い業界に転職したい!と思ってするのではなく、こういった業界別の昇給率を見るのも大切です。

ただし「宿泊・飲食サービス業」は全体的に年収が低いです。

「情報通信業」や「電気・ガス・水道」のインフラ関係、「保険・金融」といった業界への転職はチャンスがあれば考えてみても良いかもしれません。

今は第2新卒なんて当たり前。→第2新卒を積極的に採用している企業はたくさんあります。

いい就職.comはそんな第2新卒を採用している企業が5,000社以上登録されています。


しかも離職率か高いなど、若手が働ける環境でないと判断された企業は掲載しません。

採用も10,000人以上!

ぜひ登録してあなたにあった企業を探してみてください。

いい就職.comで企業を探す☞

まとめ

自分の年収は平均と比べてみていかがでしょうか。20代前半は主に勉強期間で仕事に慣れることが大切です。

もちろん仕事は年収が全てではありませんが、お金の問題は転職を考えたり、新卒で入る業界の参考にしてみてはいかがでしょうか。

またお金のない20代から投資をしましょう。若い時から少しずつ積立投資をすると大きなリターンになるのでおススメです。

【20代投資初心者からできる投資】簡単に少額から可能な資産運用一覧 資産運用は若いうちから 資産運用ときくと、「お金をもっている人が不動産や株などをやっているイメージ」と...

 

ABOUT ME
ゆとリーマン
ゆとリーマン
20代サラリーマン。新卒でブラック企業に入社後、30万、50万の詐欺商材を買ってしまい、その後ストレスで身体を壊し転職。20代から無理なく始める投資や体験談を書いています。