仕事

【人生100年時代】20代からお金の貯め時を知り人生プランを練る

こんにちは。約半数近くが100歳まで生きるであろう20代前半のゆとリーマン(@1129shog)です。

みなさんライフシフトという本はご存知でしょうか。この本は大反響を呼んでおり私ももちろん読みました。読んだことない人はぜひ読んでみてください。

created by Rinker
¥1,944
(2019/07/24 02:23:21時点 Amazon調べ-詳細)

この本はベストセラーになっており大反響を呼んでいます。

簡単にいうと今の若い世代は半数が100歳まで生きるようになる。そのため人生設計は100年を前提に考える必要がある。というもの。

100年生きるとして、心配になるのはなにか?

真っ先に一つ思い浮かぶと思います。

そう、お金。今回はお金に着目して100年時代を考えていきます。

 

60歳で引退という人生観は過去のもの

日本人の中では「60歳で引退して、その後は退職金や年金で悠々自適な老後生活を送ろう」と考えるのが一般的でした。

しかし、それは寿命が70~80の場合。100歳まで生きるとなると話は違ってきます。

人生100年時代では「働けるだけ働く」が基本になります。

働ける体力、健康状態がより大切になる

長く働くには何が必要か。それは働けるだけの十分な体力と健康でなければいけません。

貯金どうこうよりも、十分な体力と健康が一番の「老後のそなえ」になります。そのため、今の若い世代は体力面・健康面での充実化に力を注ぐべきです。

例えば、食せ活の改善・運動・生活習慣の改善などがあげられます。これらは特段お金がかかるものではありません。

今若い人は好きなもの食べて、ゴロゴロしていても身体へのダメージを感じにくいかもしれませんが年を取るにつれてダメージは目に見えていき、60歳になって身体が不自由。なんてことになりかねません。

→若い時から健康的な生活をおくることが「老後のそなえ」につながる。

 

筋トレがおすすめ

健康的な生活を送るにはどうしたら良いか。私は「筋トレ」をおすすめします。

それはなぜか。

①基礎代謝が向上し太りにくくなる

筋トレをすると当たり前ですが、「筋肉」がつき、1日生活するだけで消費されるカロリーが増えます。

1日に消費されるカロリーが増えるということは単純に太りにくくなります。20代のうちは筋肉も付きやすく、30代になると急に太るようになった!という人が大勢います。

今のうちに筋肉を身に着けて30代以降も太りにくい身体を手に入れましょう!

②食事内容も改善される

筋トレをすると目に見えて自分の身体が変化します。そう「筋トレは裏切りません」

やったらやった分、自分の身体がかっこよくなっていくのが実感できます。これにより、もっと変化させたい!と思うようになります。

そうなると大切なのは食事です。筋トレ時は「高タンパク・低脂質・低糖質」の生活が超重要。必然的に肉・魚中心の食事になり、これがそのまま健康的な食事なのです。

③時間がなくてもできる

私自身もそうですが、サラリーマンとなると中々時間がありません。

仮にランニングをするにしても、帰ってから1時間以上走るにしろ着替えたり何かと時間がかかります。

しかし、筋トレは

  • 隙間時間にできる
  • 時間を10分程度から可能
  • 辛い時間が短い

のため忙しくて時間が無くてもできます。今は自宅でも高負荷の筋トレが可能のためぜひグッズを買って自宅での筋トレに励んでみてください。

アブホイールは自宅でも腹筋に高負荷の筋トレが可能です。

created by Rinker
アクティブウィナー(Active Winner)
¥1,990
(2019/07/24 02:23:22時点 Amazon調べ-詳細)

運動にもなり、食生活の改善にも繋がる筋トレはおすすめです!

筋トレのメリット7選!筋トレ歴3年の私が実際に感じた変化とはこんにちは!3年前から筋トレにハマっているゆとリーマン(@1129shog)です。 そんな質問や疑問にお答えします。 ...

お金の貯め時は人生で3回ある

「老後のそなえ」にもちろん貯金も大切。生活スタイルによって違ってきますが、おおむね貯め時は3回あります。

①独身時代

独身の間は、極端にいえば収入全てが自分のもの。そのため自分でやりくりすれば毎月2~3万円の貯金は誰でも可能です。

貯金する余裕がない人は自分の1月の支出を洗い出していきましょう。1番良いのは「固定費」の削減です。固定費は毎月かかる費用のため、削減するとかなりの節約に繋がります。

大手キャリアから「格安sim」に変えるだけで月8,000円→月2,000円にもなります。まずは固定費の削減をしていきましょう。

②結婚後、子供ができるまで

夫婦共働きであれば、単純に収入が2倍になり家賃や光熱費などは折半できます。シングル時代よりもお金の余裕が生まれるため「1番のお金の貯め時」と言えます。

③子供が独立してから退職まで

子供が就職して自分の稼ぎだけで生活ができるようになると、教育費の負担がゼロになります。それに世帯主もおおむね50代と年収が人生において高い水準にあるため余裕資金が生まれやすいです。

貯金する余裕がない人は固定費の削減を

貯金する余裕がない!

そんな人は固定費を徹底的に下げていきましょう。

固定費とは…

収入の増減に関わらず毎月、毎年一定額かかる費用。たとえば家賃「住宅ローン」・水道光熱費・生命保険代・通信費などがあげられる。

一般的に節約しよう!とすると普段の外食であったり、レジャーを我慢しがちですが、これは日常の小さな楽しみでもあります。

節約によってこういった楽しみを潰してしまうのは「暮らしの潤い」が失われるのでおすすめしません。。。

固定費の削減方法は意外とある。

①住宅ローンを利用している人ならば、借り換えを検討しましょう。

低金利が続いており、各金融機関も借り換えを取り込もうと専用商品や金利優遇策を打ち出しています。

→試算だけでもしてみることを推奨します。

②格安スマホの活用も大きな削減になります。大手キャリアの場合毎月7000~8000円の使用料がかかりますが、格安スマホであれば2000円程度で済みます。

単純に夫婦二人が変更した場合、月1万円程度の削減です。まだ大手キャリアを使っている人は今すぐにでも変更すべきです。

③カーシェアリングの検討も一つの手です。

車は本体代・車検・保険・税金・ガソリン代・駐車場代など何かとコストがかかります。普段そんなに車にのる機会がないのであればカーシェアリングも検討してみてのもおすすめです。

余剰資金で投資してみよう

私は毎月4万円を投資しています。

それはなぜか。銀行に預ているだけではお金を保管しているだけなので増えません。

投資はお金を運用できるためお金が増えます。もちろん元本から減ってしまうリスクはありますが、長期間を前提に運用することで元本割れのリスクはグッと減らせて、何倍にも増やすことが可能です。

毎月4万円を年利5%で運用した場合

私が実際に運用している毎月4万円を年利5%で運用する場合も見てみましょう。

投資期間は60代までの約40年とします。

毎月4万円をただ貯金しているだけだと4万×12カ月×40年=1920万円になります。

毎月4万円を年利5%で運用すると6100万円以上になります。

貯金は1920万。運用すると6100万円です。3倍以上の差があるのがわかるでしょうか。年でたったの5%でも時間をかけることにより雪だるま式にお金は増えていきます。

時間をかけるほど増えるので20代から少額でも投資は始めましょう!20代でも可能な投資を下記にまとめているので1つでも良いので始めてみませんか?

【20代投資初心者からできる投資】簡単に少額から可能な資産運用一覧 資産運用は若いうちから 資産運用ときくと、「お金をもっている人が不動産や株などをやっているイメージ」と...

めんどくさがりの人でもお金を入金するだけで銘柄選択から購入まで全てやってくる「ウェルスナビ」というサービスもあります。私も10万円入金しています。

ウェルスナビで口座開設

 

ABOUT ME
ゆとリーマン
ゆとリーマン
20代サラリーマン。新卒でブラック企業に入社後、30万、50万の詐欺商材を買ってしまい、その後ストレスで身体を壊し転職。20代から無理なく始める投資や体験談を書いています。