20代の旅行記

【1泊2日金沢旅行】星野リゾート界加賀にカップルで泊まったら最高だった

こんにちは。ゆとリーマン(@1129shog)です。

2018年9月に金沢旅行に行ってきたので旅行記でも書こうかと!

今回は星野リゾート界加賀のホームページからプランを選び、東京の羽田空港から飛行機で行くプランで行きました。


羽田空港→小松空港

羽田空港7時55分発。空港8時55分発のJAL便に乗り込みます。

金曜日の早朝だったため、ガラガラなのかなと思いきやほぼ満席でした。

小松空港から金沢まではリムジンバスが出ているため、金沢へのアクセスは良好です。

航空便の到着に合わせて運行されているため非常に便利。(目安としては15分後に出発する予定)

 

そんなリムジンバスに乗ること30分少々。

10時前ごろに金沢駅に着きました。

金沢駅はこの鼓門(つづみもん)がかっこいいですね。

鼓門から駅にかけて続くガラスのドーム(もてなしドーム)も綺麗で、駅だけでも写真映えします。

金沢の移動はレンタサイクルが最強

私たちがいった時は多少雨が降っていたので利用しませんでしたが、レンタサイクルがおすすめです。

まちのりというレンタサイクルのサービスがあります。

  • 金沢に全20か所のポート配置
  • 主要観光地にポートが設けられている
  • どこかのポートに返却すれば良い

特徴として、うまく使えば1日たった200円で借りられます。

1日の貸出の場合まず200円を払うのですが、最初の30分は追加料金かかりません。

しかし、以降30分おきに200円ずつかかってしまいます。

乗りっぱなしは割高に

そのため、30分以内にどこかのポートに返却し、再度貸出を繰り返せば追加料金は無しです。

必ず30分以内に返却→貸出を繰り返すことで1日200円で乗り放題

金沢は観光名所がぎゅっと近くに集まっているので30分もあれば十分なので、「まちのり」がおすすめ!

海鮮丼を求めて近江町市場へ

金沢駅につき、さっそく移動です。

金沢といえば?

そう!海の幸!!

金沢で海の幸といえば近江町市場です。金沢駅の大通りを1キロほど進むと近江町市場の入り口があります。

市場内は平日にも関わらずたくさんの人で賑わっていました。

名店「井ノ弥」

海鮮丼。

二人ともネットでチェックして行きたかった名店「井ノ弥」に行きました。

ネットの情報で2時間以上並ぶのが当たり前と聞いていたので、すぐに向かいます。

近江町市場は道がたくさんあり、井ノ弥は目立たない場所にあったので5分ほど迷いました。。

10時30分ごろお店到着。行列無し!

すんなり入ることに成功です。ラッキー♪)

メニューがたくさんあって迷いますが、二人とも事前に決めてます。

上ちらし近江町にね!(約3,000円)

 

店内を見ると盛りつけ等は大将一人でやっていました。

そのため店内は混んでいなかったのですが、私たちも頼んでから30分以上経ってから着丼。

ぴゃーーー!!( *´艸`)

大トロ・ウニ・あわび・イクラ・うなぎなどなど!高級なものまで全て乗っています!!

2人して一切れ食べるたびに「うまあぁぁぁぁ~」と感動してました。

ペロリと完食!井ノ弥さんおすすめです!

 

大満足で外に出ると……!?

行列が。

席もそこまで多くはなく、出てくるのも時間がかかるためお客さんの回転率はかなり悪いです。

そのため平日でも11時ごろにはご覧の行列が。平日の10時半前ごろに行くのがおススメです。

ひがし茶屋街へ

お腹も満たされたってことで、昔ながらの街並みが楽しめるひがし茶屋街に向かいます。

金沢は観光名所が比較的近くに配置されているため、徒歩でも全然回れます。

 

古い町並みはいいですね~。心が落ち着きます。

金沢は金箔が有名。そのためいたるところに金箔を使った商品が売られています。

  • 金箔化粧水
  • 金箔ローション
  • 金箔ネックレス
  • 金箔パック
  • 金箔の入った日本酒
  • 金箔のふりかけ
  • 金箔入りの油とりがみ

そのほかに、古民家を利用したカフェが多数あります。

時間の都合上行けませんでしたが、タレンMEGUMIさんがオーナーのCafe多聞(たもん)がおすすめ。

地元の加賀野菜を使用したパンケーキ等が食べられるので、ひがし茶屋街に行かれた際は記念にぜひいってみてください♪

 

兼六園

ひがし茶屋街を後にして、歩いて兼六園へ。

多くの観光客で賑わっていました。みなさん写真を一生懸命撮っています。

ずっと小雨だったのに、急に晴れて暑かったため何枚か写真を撮って撤退。

兼六園の入り口にはお茶屋さんが立ち並んでいます。

その一番手前には金沢定番の金箔ソフトの他にもプラチナソフトが。

た、たかい……

でもせっかくだしプラチナソフトを食べよう!!

 

2000円(お店の利益に貢献しました。)

金箔やプラチナに味はもちろんしないのですが、唇や舌に金箔が張り付いて盛り上がりました。

金箔ソフトはいたるところで売っているので、記念にぜひ!

金沢駅→星野リゾートへ

時間は15時過ぎ。

星野リゾートでゆっくりしたいため、宿に向かうことに。

星野リゾート界加賀は加賀温泉駅から約5キロのところにあります。

そのためまずは電車で金沢駅から加賀温泉駅へ!

普通電車で約45分(760円)特急車で約25分(1510円)です。

そしてここからバスで山代温泉停留所まで向かいます。

星野リゾート界加賀

着くと入り口の前で担当の方が待ってくださっていました。恐れ多い…

チェックイン・庭園

受付には伝統工芸品である水引がきれい…。

インスタ映え間違いなしです。

案内されて奥まで行くと広いスペースが。

加賀茶と日本菓子を頂き、庭園を眺めながらチェックインです。

ここには本や無料の飲み物等もあり、ここでゆっくりするのも良いですね~

私たちは到着が遅れてしまったので行けなかったのですが、写真奥にある茶室ではお抹茶と茶菓子を頂けるとのこと。(18時まで)

もっと早くくるべきでした( ;∀;)

お部屋

お部屋は一番お手頃なタイプ。(充分ですけどね、、)

お部屋の号室や室内の壁、入れ物にも伝統工芸品である加賀水引や九谷焼が使用されており、心地よい空間でした。

九谷焼

石川県南部地方(金沢市・小松市・加賀市・能美市)で生産されている陶磁器。

特徴は「五彩手」と呼ばれる色彩。赤・黄・緑・紫・紺青を使用するため、色鮮やかで大胆な柄が多い。

 

加賀水引

日本の伝統的なラッピングである水引の3つの基本「包む」「結ぶ」「筆字」を芸術の域まで昇華させたもの。

普段目にする贈答品の包み紙などにかける紅白や黒白のものとは違い、立体的なのが特徴。

 

最高の夕食

2人とも楽しみにしていたのが食事です。

2階が多数の半個室が備えられており、部屋番号を伝えると案内してくれます。

お互いお酒を頼んで贅沢なひと時の始まりです。

お献立。(ブログ用に持って帰った)

料理の写真をどどん!!

全部美味しい!(特に最後の写真のキノコの天ぷらが絶品でした。)

お互い、1品1品食べるたびに「うまぁぁぁあああ~」と唸ってました。

そしてなんと!

チェックインの際に簡単なアンケートがあり、旅の目的で誕生日祝いに丸を付けたところ…

最後のデザートでお祝いしてくれました(^^)/

これには彼女も大喜び!私もそんなことしてくれるなんて思ってもいなかったため驚きました。

質の高いサービス。さすがです。。

温泉

大満足のごはんのあとは温泉です。(ご飯の前にも入りました…)

温泉内は写真ありませんが、九谷焼が壁に飾られており露天風呂も大きな松の木が植えられており気持ちいい湯でした。

そして脱衣所にはドリンク等のサービスがあります。

 

この加賀ほうじ茶のシロップやうめのシロップに炭酸水を入れて飲むのが美味しかったです( ;∀;)

2日間で3杯ずつ飲みました(笑)

朝食

温泉に入って、たくさん寝て朝食です。

朝から豪華です。(普段は食パン1枚なのに…)

「毎日こんな朝食食べたい……」

初めて食べましたが、左上の治部煮が美味しかったです( ;∀;)

おすすめ頂いたわさびを入れて食べると、良く合います。

ご飯とお味噌汁はお替りできます。こんな美味しいおかずがあるならご飯お替り必須!

古総湯

チェックアウトは12時と遅め。

そこで星野リゾート界加賀の目の前にある古総湯へ。

こちらは星野リゾートの宿泊している方は無料で行くことができます。

中は一つの空間に服を入れる棚と大きな湯舟がありました。温度は高め!

5分ほど入るとのぼせてきたので上がって、2階に休憩スペースがあったのでそちらへ。

そして、2階から星野リゾートをパシャリ。

見ての通り星野リゾートの目の前です。

宿に戻って星野リゾートの温泉にも入って、加賀ほうじ茶ソーダの飲んでチェックアウトです。

12時ぎりぎりまで堪能しました。

  • 質の高いサービス
  • チェックアウト12時でゆっくりできる
  • 美味しい食事
  • 伝統工芸品の数々
  • 清潔なお部屋

初の星野リゾートでしたが、大大大満足です( `ー´)ノ

彼女もめちゃくちゃ喜んでくれました。価格は1泊27,000円~と決して安くはありませんが、それだけの価値はありましたね。

また他の星野リゾート界にも泊まってみたい!そう思えるひと時でした。

星野リゾートへ別れを告げ、特急でサクッと金沢へ戻ります。

21世紀美術館

2日目は土曜日。

21世紀美術館には多くの観光客が。

有名なプールの中に入りたかったですが、チケットが長蛇の列だったため断念。

こんなやつ↓

公式サイトから画像は拝借しました。

無料スペースにあったウサギの椅子へ。

可愛い椅子です。

2人で座って写真を撮りあいました(^^)/

カフェでほうじ茶ラテを

帰りの飛行機まで時間をあとわずか。

金沢駅に戻る途中に尾山神社すぐ近くのカフェで一休みしました。

たまたま入ったのがブランケットカフェ

落ち着いたおしゃれな店内でほうじ茶ラテを頂きます。

かなり美味しかったです。二人してまたも「うまあぁぁぁああ~」

(バカ舌なのでなんでも美味しく感じるのかもしれませんが。。)

お土産に加賀ほうじ茶を買って、家でほうじ茶ラテを作ろうと決意しましたね。まだ作ってませんが。。。

そんなこんなで金沢ともお別れです。

ばいばいひゃくまんさん( ;∀;)

(帰る時に初めて出会った)

まとめ

  • 星野リゾート最高
  • 金沢は1泊2日がちょうど良い
  • カップルで金沢最高
  • インスタ映えスポットも多数

結果的に二人とも大大満足の旅行となりました。

やはり、宿がきれいで食事も豪華だとテンション上がりますし非日常を味わうことができるので良いですね。

せっかくの旅行。少し奮発して良い宿に泊まるの超絶おすすめです。

金沢は観光スポットが近くに固まっているので、2日もあれば全て回ることができます。

そのため金沢旅行は1泊2日がベストですね。

ABOUT ME
ゆとリーマン
ゆとリーマン
20代サラリーマン。新卒でブラック企業に入社後、30万、50万の詐欺商材を買ってしまい、その後ストレスで身体を壊し転職。20代から無理なく始める投資や体験談を書いています。