仕事

【体験談】20代が語るブラック企業での日々。サービス出勤・残業当たり前

はじめまして。新卒でブラック企業に入社したゆとリーマン@1129shog)です。

今、社会的問題になっているブラック企業

そんなブラック企業に私は1年4カ月いました。

今の会社はホワイトであり、

ゆとリーマン
ゆとリーマン
当時は良く働いてたな~

と思うことばかり。

ここでは、私が経験したブラックエピソードについてお話します。

サービス出勤、サービス残業

ブラック企業と言えばサービス残業!

というくらい代表的ですよね。

私が入社した会社も当たり前にありました。

いつも終業(17:30)近くになると、グループ長が「今日、どうする?」と一応、一応聞いてきます。

周りの先輩達は「大丈夫です」と答えるため、新卒の私が残業するなんて言えません。

それなのに、みんな夜遅くまで残って仕事をしていました。

私の仕事は土日も仕事になることが多いのですが、その際は振替休日で平日が休みになります。

しかし、振替休日の日でも先輩達は出社してきます。

すると周りは「やる気だね~」「えらいね~」と…

なぜは褒めるんです。やる気があるって。

残業申請をしずらい環境

サービス出勤すると頑張っているという謎の風習

私は30連勤しました!!

有給使えない

当時は有給消化率100%の会社なんてこの世に存在するの!?と思ってましたね。

ブラック企業に有給なんてものはありません。

私は入社して半年たったころ合格率約10%程度の資格試験を控えていました。

当時のOJT(教育担当者)から「資格前だし有給使っていいぞ」と言われたので使うと…

グループ長から電話が…

「お前有給使うほど暇なんか?○○やったんか。できてなかったらしばくぞ。」

本当にこんな電話が来ます。

私はなくなく午後から出社することに…。

ブラック企業で有給は幻

 

ダメな社員は追い込み辞めさせる

これは最初見たときは驚きました。

社員の中に30代後半なのに、役職についていない人がいました。

その人は仕事ができないらしく、いっつも次長と支店長の前に呼び出され怒鳴られていました。

 

  • 「お前社会人じゃねよ!学生か!」
  • 「お前ほんとアホだな。何かできるんじゃ」

 

本当に毎日です。

そして反省文書け!と言われ提出すると…

 

  • 「お前こんな文章なめとんのか?ほんとアホやな。」
  • 「ここおかしいだろ、書き直せ」

 

と終業過ぎても書かせており、

 

  • 「お前、こんなんで残業申請ぜってーすんじゃねんぞ」

 

と怒鳴られていました。

 

その人がいない飲みの席で

「〇〇はもういらねえよ。まじで早く辞めてくらねえかな」
とまで。

それでもその人は辞めることがなかったので、支店長が頭を下げてまでお願いし退職しました…。

その後も40歳くらいの人が3人ピックアップされ

「あいつらもいらねえな」

と上司たちは話しており、ブラック企業は人を人として見てないことを痛感しました。

人として見られていない。

ただの駒

 

飲み会はビールを吐くまで

私はお酒が弱いです。

学生の時はほろよい1缶でもがち酔い。

そのためビールなんて社会人になってから飲めるようになりました。

それを知った上でも次長たちは飲ませてきます。

ビール瓶を持って私のグラスに注いで

「ほれ、早く飲まんか」

私は無理をして飲むと、すぐにまた注がれます。

「おい、もっと飲め飲め」

ゆとリーマン
ゆとリーマン
もう無理です……

 

言っても無駄。どんどん注がれるビール…

私は気分が悪くなり、吐くのを必死に我慢。

解散後、駅のトイレで吐きました。

ブラック企業にアルハラ(アルコールハラスメント)なんて言葉は存在しない

 

人が辞め人は増えず仕事増

ブラック企業は言うまでもなく良い職場環境ではありません。

  • そのため人は辞めていきます。
  • そして人はなかなか入ってきません。
  • それなのに会社全体の仕事量は増えていきます。

その結果何が起きるか。

残った社員はより忙しくなり、よりサービス残業・出勤が慢性化していきます。

言うまでもなく悪循環

それを見た私は退職を決意しましたとさ。

 

円満退社なんて存在しない

私は1年4カ月で転職しました。

最後くらい優しいのかな?と期待した私は馬鹿でしたね。

辞める旨を伝えると

  • 「お前なんか逃げてるだけ」
  • 「どーせお前次のとこでもすぐ辞めるよ」
  • 「こんな良い会社なかなかねえぞ」

と、散々な言われよう。

内心どこかで会社に期待していた自分が馬鹿でした。

 

それでも、社員同士は非常に仲が良いんです。

一緒に飲みに行く回数も多く、ザ!体育会系!って感じ。

ですが、今思えば傷の舐め合いでしたね。

お互いに大変だよねと慰め、自分たちは上場企業で頑張っている。

自分を説得することでしか今の環境にいられない。
そんな状態でした。

ブラック企業に期待しても無駄

ブラック企業は社員の洗脳

 

自分の体が一番大事

これはもちろんですが、健康第一です。

みなさんは何のために会社へ行っていますか?何のために大学卒業後就職活動しましたか?

それは働いてお給料をもらって生活していくためだと思います。

→つまり毎日健康に生活するため。

その会社で健康を害してしまう

健康に生きていくために仕事をしているのに、その仕事で健康を悪化させていては元も子もないよね!?

ってことです。

自分の体、健康を第一考えましょう。

私はその後転職し

  • サービス出勤なし
  • サービス残業なし、
  • 上司が怒鳴ることなし

前職と比べると天国とも思えるような環境で働いています。

この経験から、健康に生活できることがどれだけ重要かを思い知らされました。それからは自分の身体、健康に投資するようにしています。

 

最初の会社が全てではありません。

入った会社の環境が良くなく、自分が毎日ストレスばかり感じていると思ったら転職を視野に入れましょう。

そうでないとずるずる働いて、自分の健康をどんどん悪化させることになりかねません。

 

今は第2新卒なんて当たり前。→第2新卒を積極的に採用している企業はたくさんあります。

いい就職.comはそんな第2新卒を採用している企業が5,000社以上登録されています。


しかも離職率か高いなど、若手が働ける環境でないと判断された企業は掲載しません。

採用も10,000人以上!

ぜひ登録してあなたにあった企業を探してみてください。

いい就職.comで企業を探す☞

ABOUT ME
ゆとリーマン
ゆとリーマン
20代サラリーマン。新卒でブラック企業に入社後、30万、50万の詐欺商材を買ってしまい、その後ストレスで身体を壊し転職。20代から無理なく始める投資や体験談を書いています。